残花亭日暦

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041314340

残花亭日暦

  • 著者 田辺 聖子
  • デザイン 角川書店装丁室 都甲玲子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041314340

夫が妻に残した最後の言葉とは?林真理子さん,小川洋子さん、涙の絶賛!

96歳の母、車椅子の夫と暮らす多忙な作家の生活日記。仕事と介護を両立させ、旅やお酒を楽しもうとあれこれ工夫する中で、最愛の夫ががんになった。看病、入院そして別れ。人生の悲喜が溢れ出す感動の書。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「残花亭日暦」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日々の想いをユーモラスに語る日記ですが、心に刺さりました。大変なことを明るく捉えられるおせいさんが凄いとしか言えません。カモカのおっちゃんとの最期の日々が悲しいですし。別れを見据えながらも前向きにいら 日々の想いをユーモラスに語る日記ですが、心に刺さりました。大変なことを明るく捉えられるおせいさんが凄いとしか言えません。カモカのおっちゃんとの最期の日々が悲しいですし。別れを見据えながらも前向きにいられる力に感動します。 …続きを読む
    優希
    2018年05月17日
    76人がナイス!しています
  • ☆☆☆★ カモカのおっちゃんとの最期の日々がせつない。70歳過ぎて、原稿書きに講演に介護にと走り回るおせいさんのバイタリティに感服。一度講演を聴いてみたかった。 ☆☆☆★ カモカのおっちゃんとの最期の日々がせつない。70歳過ぎて、原稿書きに講演に介護にと走り回るおせいさんのバイタリティに感服。一度講演を聴いてみたかった。
    メタボン
    2018年02月07日
    31人がナイス!しています
  • 「夫婦」について、ここ数ヶ月、個人的な事情からいろいろ考えなくてはいけなかった。そして田辺聖子さんにカモカのおっちゃんが最後に遺した言葉「かわいそに ワシはあんたの味方やで」。これに尽きると実感した。 「夫婦」について、ここ数ヶ月、個人的な事情からいろいろ考えなくてはいけなかった。そして田辺聖子さんにカモカのおっちゃんが最後に遺した言葉「かわいそに ワシはあんたの味方やで」。これに尽きると実感した。 日頃何があろうとも、最後の最後に味方になるのは、お互いの連れ合い。そうでありたい。しかし、夫の最後の日々を記録する眼は時にギョッとするくらい冷徹で、愛情はあっても流されていない小説家の視点なのにも驚く。ママハハとして育てた4人のお子さん達の成長、その程良い関係も良かった。 …続きを読む
    水無月
    2017年11月08日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品