角川文庫

夏化粧

母親の切ない話。オバァもいます。ラスト、泣けます

発売日:
2013年08月30日
商品形態:
電子書籍
夏化粧 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

夏化粧

母親の切ない話。オバァもいます。ラスト、泣けます

  • 著者 池上 永一
発売日:
2013年08月30日
商品形態:
電子書籍

母親の切ない話。オバァもいます。ラスト、泣けます

島の豆腐屋で働く津奈美はシングルマザー。産婆のオバァのかけたまじないのせいで、息子の姿を他人に見えなくさせられてしまった。まじないを解くためには、息子にかけた七つの願いを他人から奪わなければならないと知り、津奈美は決死の覚悟で陰の世界に飛び込んでいく。願いを奪うとはどういうことなのか。息子にかけた最後の願いとは何か? 石垣島の自然と島の伝承を舞台に、若き母親が孤軍奮闘する壮絶な愛の物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夏化粧」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読友さんの感想に惹かれて。産婆によって出産時に掛けられたまじないが原因で、息子が母親以外見れなくなってしまった。まじないを解く方法は「陰」の世界へ行き、他人の願いを七つ奪ってくること。下手すればエゴと 読友さんの感想に惹かれて。産婆によって出産時に掛けられたまじないが原因で、息子が母親以外見れなくなってしまった。まじないを解く方法は「陰」の世界へ行き、他人の願いを七つ奪ってくること。下手すればエゴといわれてもおかしくないぐらい母親の子を思う気持ちの深さ。ラストは切ない・・・。残された子供は母親の暴走も受け止めるぐらいのおおらかな人々に守られて育っていくでしょう。南の島の空気感も良かったです。 …続きを読む
    ナイスネイチャ
    2016年01月17日
    196人がナイス!しています
  • 大好きな一冊。幾度となく読んでいた。子を思う母の行動。許されない部分もあるけれど、それくらい激しい気持ちで母は子を守りたいと思うのであろう。傍若無人に振る舞ってきた母に訪れた最後の決断。そうなるのか。 大好きな一冊。幾度となく読んでいた。子を思う母の行動。許されない部分もあるけれど、それくらい激しい気持ちで母は子を守りたいと思うのであろう。傍若無人に振る舞ってきた母に訪れた最後の決断。そうなるのか。切ないが納得のいく終り方だと思った。残された子はきっと立派に育って行くはず。スピード感、展開、物語の作り方、そして沖縄の空気や文化も散りばめられていて申し分ない。読書初心者へ勧めやすい一冊。池上さん未読の方も是非。友へあげてしまったため、手元にはないのだが、また読みたくなってきた。そろそろ2冊目買おうかな。 …続きを読む
    shizuka
    2015年12月10日
    38人がナイス!しています
  • 子どもが見えなくなるまじないをかけられた母が、命を懸けて助けようとする話。沖縄テイストがちりばめられていて良かったです。願わくば、母子で幸せになって欲しかった。 子どもが見えなくなるまじないをかけられた母が、命を懸けて助けようとする話。沖縄テイストがちりばめられていて良かったです。願わくば、母子で幸せになって欲しかった。
    カピバラ
    2017年07月14日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品