ニッポンの狩猟期 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年11月29日
商品形態:
電子書籍

ニッポンの狩猟期

  • 著者 盛田 隆二
発売日:
2013年11月29日
商品形態:
電子書籍

生き残れ、カズ。日本とニッポンの現在と未来の物語

春日部の孤児シェルターを脱走したカズは、国道を歩き続けた。逃げ出す際、教官をナイフで刺した感触は今も手に残っていた。カズは九歳。生後まもなくトイレに捨てられたため両親のことは何も知らない。帰る家も故郷もない。カズが目指すのは、貧困と暴力とセックスにまみれた混沌の街・新宿だ。だが、そこでは腐敗した警察や自警団、新宿浄化団がのさばり、街路に溢れたストリート・チルドレンが毎日のように無造作に殺されていた。果たしてカズは生き延びることができるのか。世界の現実を見据える衝撃の近未来小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ニッポンの狩猟期」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 物語とも言えない物語り。薄い本にたくさんの登場人物。書きたいことがたくさんあるのだろうが、欲張りすぎてなにも伝わらない。盛田隆二が書いたとはとても思えない。好きな作家が一人減ったかも。 物語とも言えない物語り。薄い本にたくさんの登場人物。書きたいことがたくさんあるのだろうが、欲張りすぎてなにも伝わらない。盛田隆二が書いたとはとても思えない。好きな作家が一人減ったかも。
    Dai(ダイ)
    2014年04月25日
    13人がナイス!しています
  • 盛田氏のデビュー作ストリートチルドレンの続編ともいえなくもない作品。日本に様々な民族が入り乱れ、日本人の少女の価値は一番低い。年端も行かない少年少女が売春しているし、少女がレイプされるシーンは本気で吐 盛田氏のデビュー作ストリートチルドレンの続編ともいえなくもない作品。日本に様々な民族が入り乱れ、日本人の少女の価値は一番低い。年端も行かない少年少女が売春しているし、少女がレイプされるシーンは本気で吐き気をもよおして、電車からおりたら何の縁か舞台に近い大久保駅で頭がぐらぐらした。それほど、リアリティがあり、その後の少女の様子も・・盛田氏はその目で見てきたのかというくらい恐ろしかった。恐ろしすぎて一度手放たがもう一度買いました。最期の、主人公と少女が二人で新宿に帰ろう、というシーンはある意味の希望なのかな? …続きを読む
    かな
    2016年04月02日
    1人がナイス!しています
  • 一応再読というか、前よんだのを覚えていない。近いようで遠いような未来。わかるようなわからないような。 一応再読というか、前よんだのを覚えていない。近いようで遠いような未来。わかるようなわからないような。
    ひろを
    2014年02月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品