山の霊異記 黒い遭難碑

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840151702

山の霊異記 黒い遭難碑

  • 著者 安曇 潤平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840151702


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「山の霊異記 黒い遭難碑」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山の霊異記2冊目。おそらくこのシリーズでしか読めないであろう登山好きの著者ならではの怪談が魅力。今作も山の怖いところも優しいところも満喫できました。しかし前作に比べて少し創作っぽい粗さが目立った印象。 山の霊異記2冊目。おそらくこのシリーズでしか読めないであろう登山好きの著者ならではの怪談が魅力。今作も山の怖いところも優しいところも満喫できました。しかし前作に比べて少し創作っぽい粗さが目立った印象。もちろん実話怪談といって全てを信じて読んでいるわけではないし、脚色等もしてあると思うのでそういう部分も込みで楽しむものだとは思うのですが、ちょっと度が過ぎているような話もちらほら。しかし全体的にはやはり面白いです。個人的には「霧限の彷徨」「滑落」「ひまわり」が好き。でも「ひまわり」は別の意味でもちょっと怖い。 …続きを読む
    みくろ
    2016年02月10日
    47人がナイス!しています
  • 山の実話怪談集。いいなぁ♪ 一話一話に味がある。「顔なし地蔵」が一番かわいそうだった。「霧幻魍魎」は伝奇ホラーみたいだったし、「ポニーテールの女」はストーカー的な気味の悪さがあった。筆者が体験したお話 山の実話怪談集。いいなぁ♪ 一話一話に味がある。「顔なし地蔵」が一番かわいそうだった。「霧幻魍魎」は伝奇ホラーみたいだったし、「ポニーテールの女」はストーカー的な気味の悪さがあった。筆者が体験したお話もある。同じ遭難者の幽霊遭遇譚でも「ひまわり」はほのぼのしていたのに、「乾燥室」ではパニックに陥っている。怪談収集者でも「ひぃぃぃぃ」なんて悲鳴をあげることがあるのだな、と変なことに感心した。 …続きを読む
    ネムコ
    2017年02月21日
    45人がナイス!しています
  • 久々に怪談が読みたい、しかし適当に手に取って、ありきたりだったり外れだったりしたら嫌だなと思った時に思い出したのが、安曇潤平さん。山という異界を舞台にした怪談は、自然という底知れないフィールドと密接な 久々に怪談が読みたい、しかし適当に手に取って、ありきたりだったり外れだったりしたら嫌だなと思った時に思い出したのが、安曇潤平さん。山という異界を舞台にした怪談は、自然という底知れないフィールドと密接なためか、一味も二味も違う恐怖譚を読めて、満足でした。ただ、後半に行くにつれて各エピソードに怪談としてある種の“あざとさ”が否めなかったのも事実。怖い話が実話かそうでないかは、気にしないほうですが、本書はそのラインがぎりぎり微妙に感じたのが多かったかな・・?わたしのお気に入りは「顔なし地蔵」「真夜中の訪問者」 …続きを読む
    J7
    2016年01月25日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品