あやし

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月11日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784404042255

あやし

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月11日
判型:
新書判
商品形態:
単行本
ページ数:
280
ISBN:
9784404042255

どうしたんだよ。震えてるじゃねえか。悪い夢でも見たのかい・・・・・・。月夜の晩の本当に恐い恐い、江戸ふしぎ噺――。著者渾身の奇談小説。ベストセラーが待望のノベルス化!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「あやし」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怖いのは人間の業であり、怪談は怖いものというより因縁話…先に読んだ三島屋変調百物語の感想がまんま当て嵌る。同じ世界観にありながら、あの黒白の間ではおいそれと語ることが出来ないような、それは彼の物語で、 怖いのは人間の業であり、怪談は怖いものというより因縁話…先に読んだ三島屋変調百物語の感想がまんま当て嵌る。同じ世界観にありながら、あの黒白の間ではおいそれと語ることが出来ないような、それは彼の物語で、聞き手が招かれざる客、いや行倒れ同然の語り手の最後に明かした罪にショックを受けてしまったような怖い話も混ざっている。小雪の舞う時期に心の煤落としに語り合うようなゴーストストーリーではなく、ドロドロとした人間の業の物語である。 …続きを読む
    sin
    2017年08月08日
    93人がナイス!しています
  • 昔々、宮部作品に掴まったころに文庫版で購入していて、それを完全に失念してしまったもんだから、この新書版を「新刊だ~♪」とお持ち帰り。本棚を見て愕然とした一冊(笑)だけど。うん。同じ新書版の「ばんば憑き 昔々、宮部作品に掴まったころに文庫版で購入していて、それを完全に失念してしまったもんだから、この新書版を「新刊だ~♪」とお持ち帰り。本棚を見て愕然とした一冊(笑)だけど。うん。同じ新書版の「ばんば憑き」と並べるとなかなかいい塩梅ですよ(^^)ということで、どうにも恐ろしいのは「人の中の闇」である、ということが手に取るようによくわかる一冊。怖い、、というよりもなんだろうなあ。。寒々しい、哀しい、淋しい?その寒さや哀しさに立ち向かえるのもまた、「人」なのです、よね。しみじみとそれぞれの短編を読みました。 …続きを読む
    はなん
    2013年06月26日
    22人がナイス!しています
  • 今回文庫のほうを友人に贈るから、ってことでの再読。何回読んでも怖いのは人だなぁ、と思うのだった。それでも怖いけれどあったかさも感じて、怪談話だけど好きだなぁ。宮部みゆき時代小説の常連さん(?)もさりげ 今回文庫のほうを友人に贈るから、ってことでの再読。何回読んでも怖いのは人だなぁ、と思うのだった。それでも怖いけれどあったかさも感じて、怪談話だけど好きだなぁ。宮部みゆき時代小説の常連さん(?)もさりげなく登場して、いろんな事で毎回楽しめます。 …続きを読む
    はなん
    2014年10月18日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品