旧怪談 耳袋より

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年07月06日
判型:
B6変形判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840118798

旧怪談 耳袋より

  • 著者 京極 夏彦
  • 編集 ダ・ヴィンチ編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年07月06日
判型:
B6変形判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840118798

  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「旧怪談 耳袋より」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 江戸時代に書かれた『耳袋』の現代語訳であり、京極流の解釈とも伺えました。ちょっと奇妙なのだけれど怖さはあまり感じませんでした。日常の中にある闇に触れているような空気は好みですけれども。原文も付随してい 江戸時代に書かれた『耳袋』の現代語訳であり、京極流の解釈とも伺えました。ちょっと奇妙なのだけれど怖さはあまり感じませんでした。日常の中にある闇に触れているような空気は好みですけれども。原文も付随しているので、江戸時代の雰囲気も楽しめます。総ルビなのも親切ですね。 …続きを読む
    優希
    2017年07月04日
    89人がナイス!しています
  • 京極さんが各話につけたタイトルが面白い。話のどこに京極さんが興味を持ったのかを端的に表している。ただ登場人物をイニシャル表記にする意味がわからなかった。 京極さんが各話につけたタイトルが面白い。話のどこに京極さんが興味を持ったのかを端的に表している。ただ登場人物をイニシャル表記にする意味がわからなかった。
    紅はこべ
    2010年03月21日
    41人がナイス!しています
  • 江戸時代の怪異蒐集の書『耳嚢』の京極夏彦アレンジ本。 冒頭にも書いてあるけど、別に『耳嚢』と言ってもコワイ話ばかりではない。 一つ一つの話が5~6ページと軽いので、意気込まなくても全然大丈夫だし、文体 江戸時代の怪異蒐集の書『耳嚢』の京極夏彦アレンジ本。 冒頭にも書いてあるけど、別に『耳嚢』と言ってもコワイ話ばかりではない。 一つ一つの話が5~6ページと軽いので、意気込まなくても全然大丈夫だし、文体もとても読みやすい。 中には思わず吹き出してしまうものや、それは無い!と失笑が漏れるような話もあったり、とても面白かったです。 …続きを読む
    sk4
    2012年08月31日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品