試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041004487

夜波の鳴く夏

  • 著者 堀井 拓馬
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041004487

異形のあやかしと妖艶な姫。禁断の純愛劇!

大正の世、妖怪ぬっぺほふこと「おいら」は財閥家の令嬢コバト姫に飼われ、純愛を捧げていた。おいらは彼女と関係を持つ義理の兄・秋信を殺すため、人を不幸にする絵「夜波」を手に入れようと画策するが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜波の鳴く夏」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ぷよぷよのでろでろ、いい匂いのする「ぬっぺほふ」。ぬっぺほふに舐め続けられると「人間飴」となる。人を不幸にする絵「夜波」は人の目を離さず、次第に狂気の世界に導き惨劇を招く。そしてまるで「夜市」のような ぷよぷよのでろでろ、いい匂いのする「ぬっぺほふ」。ぬっぺほふに舐め続けられると「人間飴」となる。人を不幸にする絵「夜波」は人の目を離さず、次第に狂気の世界に導き惨劇を招く。そしてまるで「夜市」のような妖怪たちに「無得市」。奇抜な設定だが、その世界にどんどん引き込まれ、次第に「あたしのかあいいお肉ちゃん」の虜となる。エログロ場面もあり、なかなかいける。万人向きではないが、私もぬっぺほふを「むちゃむちゃ」してみたい。 …続きを読む
    モルク
    2018年07月09日
    79人がナイス!しています
  • 読み慣れた好みの世界観にオリジナル要素が加わって、ぞわぞわずりずり面白かった。妖怪たちが集う「無得市」は夜市のような妖しい雰囲気。ぬっぺほふに舐められ続けた「人間飴」、人を不幸にする絵「夜波」が引き起 読み慣れた好みの世界観にオリジナル要素が加わって、ぞわぞわずりずり面白かった。妖怪たちが集う「無得市」は夜市のような妖しい雰囲気。ぬっぺほふに舐められ続けた「人間飴」、人を不幸にする絵「夜波」が引き起こす愛憎劇は目を背けたいのに見入ってしまう。不快感と快感の配分が巧く、エログロ加減もちょうどいい。ユーモラスで憎めない妖怪ぬっぺほふ、高慢で残忍で愛らしい乙女たちなど、キャラクター造形も魅力的。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2018年02月16日
    71人がナイス!しています
  • 実に角川ホラーらしい仕上がり。時は大正、畏怖の対象から愛玩するものへと変化した妖怪ぬっぺほふ。醜い肉塊を愛でる麗しく傲慢なご令嬢、その令嬢と肉体関係を持つ義兄、彼に懸想する気狂いの女学生、夜波と名付け 実に角川ホラーらしい仕上がり。時は大正、畏怖の対象から愛玩するものへと変化した妖怪ぬっぺほふ。醜い肉塊を愛でる麗しく傲慢なご令嬢、その令嬢と肉体関係を持つ義兄、彼に懸想する気狂いの女学生、夜波と名付けた黒い絵を描き続ける画家、令嬢に惹かれたあまりに呪われたその絵を使って義兄を殺そうとする異形の主人公。ぐるぐると巡る執着と暴力と性愛。どろどろに爛れた精神の蹂躙。えげつないのに何処か間抜けで、苦笑するほど滑稽であるのに描写は残虐極まりない。恒川光太郎の「夜市」の空気から優しく温かいものを一切取り省いた世界観。 …続きを読む
    カナン
    2017年07月27日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品