別冊 図書館戦争II 図書館戦争シリーズ(6)

別冊 図書館戦争II 図書館戦争シリーズ(6) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2012年06月22日
商品形態:
電子書籍

別冊 図書館戦争II 図書館戦争シリーズ(6)

  • 著者 有川 浩
発売日:
2012年06月22日
商品形態:
電子書籍

せつないにも程がある! 本とともに狩られた恋……シリーズ番外編第2弾。

“タイムマシンがあったらいつに戻りたい?”という話題で盛り上がる休憩中の堂上班。黙々と仕事をしている副隊長の緒形に、郁が無邪気に訊くと、緒形は手を休め、遠くを見つめるように静かに答えた――「……大学の頃、かな」。未来が真っ白だった無垢な時代。年をとるごとに鮮やかさを増す、愛しき日々。平凡な大学生であった緒形は、なぜ本を守る図書隊員となったのか!? 過去と未来の恋模様。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「別冊 図書館戦争II 図書館戦争シリーズ(6)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ちぇっ、ぁんだよぉ! 若い者から「しぶ~い」オトナまでが「ニマニマ」するよな恋ばっかしてさぁ!! なんか石っころ蹴りたくなっちゃうよ! あ~あ、最近デートしてないなぁ (>_<) でも、よかった 沈着 ちぇっ、ぁんだよぉ! 若い者から「しぶ~い」オトナまでが「ニマニマ」するよな恋ばっかしてさぁ!! なんか石っころ蹴りたくなっちゃうよ! あ~あ、最近デートしてないなぁ (>_<) でも、よかった 沈着冷静でシニカル・出来る女って感じで頑張って柴崎さんだけど、やっぱり手塚くんのこと好きだったんだね おめでとう♪ ちょっぴり寂しい全シリーズ読破でした(笑) …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2012年07月08日
    788人がナイス!しています
  • 図書館戦争シリーズ全6巻読了。読み終えてこれで終わりかと思うとさびしくなる。「背中合わせの二人」からは、柴崎のことが心配で途中で止められなくて、一気に最後まで読んでしまった。そのストーカーの怖さを女性 図書館戦争シリーズ全6巻読了。読み終えてこれで終わりかと思うとさびしくなる。「背中合わせの二人」からは、柴崎のことが心配で途中で止められなくて、一気に最後まで読んでしまった。そのストーカーの怖さを女性の目線で書かれていたので、男性ではわからない、その怖さがよくわかった。このシリーズは、ラブコメ部分の甘さと、言論統制の恐ろしさだけでなく、障害、児童虐待、リストラ、テロそしてストーカーのことなど今の社会が抱えている問題をうまくミックスさせて、楽しいだけでなく、いろいろ考えさせられたすばらいい作品だった。 …続きを読む
    hiro
    2011年08月30日
    689人がナイス!しています
  • 柴崎と手塚が一緒になれてよかった。ハリポタのロンとハーマイオニーみたいに、関係者が2人づつ収まるところに収まったという感じ。良化隊から図書隊に転身したきっかけとなった作家がまだ未婚というのは、あまりに 柴崎と手塚が一緒になれてよかった。ハリポタのロンとハーマイオニーみたいに、関係者が2人づつ収まるところに収まったという感じ。良化隊から図書隊に転身したきっかけとなった作家がまだ未婚というのは、あまりにもベタ甘なのではないか。ベタ甘好きの作家なのだから仕方が無いといえば仕方ない。つきまとい(ストーカ)の話は考えさせられる事件で、現実の問題の深さを物語っている。参考文献は多くない。児玉清との文庫化記念対談は別冊Iから続く。全体に書き残している部分もあるかも。別冊の第三弾を数年後でいいので出して欲しい。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2012年09月06日
    675人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品