試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041000380

怪談歳時記 12か月の悪夢

  • 著者 福澤 徹三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041000380

四季折々に恐ろしい、日本の怪談十二ヶ月。

睦月には鬼を呼び、如月に死してなお深き女の情念に惑わされる。弥生の頃に別れたあの人は……美しく移ろう日本の四季、その陰に寄り添う怪異を描き、鮮やかに恐怖を浮かび上がらせる異色の怪談短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談歳時記 12か月の悪夢」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 心の移ろいにスポットを当て最後はイヤ〜な気持ちにさせる恐怖物語という意味では面白いんだけど、怪談=幽霊話でなければならないという個人的な思いが強いだけにどうしても素直には…。まあそんななかでも祖父が語 心の移ろいにスポットを当て最後はイヤ〜な気持ちにさせる恐怖物語という意味では面白いんだけど、怪談=幽霊話でなければならないという個人的な思いが強いだけにどうしても素直には…。まあそんななかでも祖父が語る恐怖体験「鬼がくる家」は色濃い怪談テイストが愉しめ満足。 …続きを読む
    Yu。
    2015年11月26日
    29人がナイス!しています
  • 怪談ではない。各月毎に話があるのは良いんだけど、殆ど結末が尻切れとんぼの状態。あまりにもブツ切り過ぎて、呆れちゃいます。よくコレを出版したよ。おまけに怖くないし。むしろ気持ち悪いに近いかな。「卯月」「 怪談ではない。各月毎に話があるのは良いんだけど、殆ど結末が尻切れとんぼの状態。あまりにもブツ切り過ぎて、呆れちゃいます。よくコレを出版したよ。おまけに怖くないし。むしろ気持ち悪いに近いかな。「卯月」「皐月」の話が割りと好き。まぁ、そんな感じでした。 …続きを読む
    青葉麒麟
    2016年08月07日
    27人がナイス!しています
  • 「迷える羊」以外は人間関係の隙間から恐怖が顔を覗かせるというものがほとんど。こういうのは恐怖感より人間関係の陰鬱さをより強く感じてしまうのでちょっと趣味に合わない。枚数のせいか何が起きているのかという 「迷える羊」以外は人間関係の隙間から恐怖が顔を覗かせるというものがほとんど。こういうのは恐怖感より人間関係の陰鬱さをより強く感じてしまうのでちょっと趣味に合わない。枚数のせいか何が起きているのかという予感以前に終わってしまっている作品がもったいない。もう少し詳しく書けるとよくなった作品が多いのではないかと思った。 …続きを読む
    HANA
    2011年12月13日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品