角川文庫

秋月記

私はあの日、逃げない男になると決めたのだ--。感動と静謐に満ちた傑作!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041000670
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

秋月記

私はあの日、逃げない男になると決めたのだ--。感動と静謐に満ちた傑作!

  • 著者 葉室 麟
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041000670

私はあの日、逃げない男になると決めたのだ--。感動と静謐に満ちた傑作!

筑前の小藩、秋月藩で、専横を極める家老への不満が高まっていた。間小四郎は仲間の藩士たちと共に糾弾に立ち上がり、その排除に成功する。が、その背後には本藩・福岡藩の策謀が。武士の矜持を描く時代長編。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「秋月記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 葉室麟は「蜩の記」を読み2冊目。本格的歴史小説で九州秋月藩のお家騒動を描いたもの。巻末に参考文献がある通り、古文書を題材としたものでどこまで著者の創作かはわからないが、骨格は史実に基づいたものであろう 葉室麟は「蜩の記」を読み2冊目。本格的歴史小説で九州秋月藩のお家騒動を描いたもの。巻末に参考文献がある通り、古文書を題材としたものでどこまで著者の創作かはわからないが、骨格は史実に基づいたものであろう。家老まで登り詰めた間小四郎を主人公にした封建体制での武士の生き様や振る舞いはどうあるべきかを問うた。幼い時妹が黒犬に吠えられた恐怖から守れなかった事を悔やみ、以後「逃げない男になりたい」を信条とし学問、剣術に励み友との友情を大切にして仕事に励む。黒田藩の鷹匠一派17人と小四郎と友8人との戦いが圧巻である。 …続きを読む
    ハイク
    2015年09月19日
    156人がナイス!しています
  • 藩を牛耳る家老の「織部」を失脚させる為に、仲間と共に立ち上がった「小四郎」。まだ若輩の為に織部の真意をよみきることが…難事は次々に起こり、本藩である福岡藩に組込まれそうになる。藩政の回復・良き政道に導 藩を牛耳る家老の「織部」を失脚させる為に、仲間と共に立ち上がった「小四郎」。まだ若輩の為に織部の真意をよみきることが…難事は次々に起こり、本藩である福岡藩に組込まれそうになる。藩政の回復・良き政道に導く為に尽くそうとするが…要所要所に先達の言葉に頷きながら感服。小四郎の武士としての気概・次世代への思惑に胸打たれる。「もよ」「猷」「いと」女人達も可憐だった。 …続きを読む
    のり
    2017年09月21日
    116人がナイス!しています
  • 福岡の支藩・秋月藩を守るために闘ったひとりの武士の切ない生き様。臆病な自分を厭った少年期、高潔な青年期、民のため手を汚すことを自らに課した壮年期。怪しい動きをする忍びや、気のいい豪傑、いかにもな悪家老 福岡の支藩・秋月藩を守るために闘ったひとりの武士の切ない生き様。臆病な自分を厭った少年期、高潔な青年期、民のため手を汚すことを自らに課した壮年期。怪しい動きをする忍びや、気のいい豪傑、いかにもな悪家老などの登場人物がエンタメ性を高めている。女性たちも陰で活躍していて、小京都・秋月の美しい風景とともに映像化してほしい。 …続きを読む
    mocha
    2018年10月23日
    97人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

葉室 麟(はむろ りん)

1951年福岡県生まれ。2012年に『蜩ノ記』で第146回直木賞を受賞。近著に『天翔ける』など。

この著者の商品

最近チェックした商品