試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041008843

隣之怪 第三夜 病の間

  • 著者 木原 浩勝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041008843

泊まると必ず人が死ぬ恐怖の部屋。そこで撮ったビデオに映っていたものは?

そこに泊まると必ず人が死ぬといわれる、友人の実家にある「病の間」。私は興味半分にその部屋にビデオカメラを置いた。翌日、録画をチェックした私がビデオに中に見たものは!?恐怖のシリーズ第3弾!
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「隣之怪 第三夜 病の間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 九十九怪談よりもじっくり描かれていて、とても面白かった。「鬼術」が不気味で怖かった。夜息子が泣き叫んで見てみると息子の髪の毛が4、50本も抜けていたりとか、息子の部屋を覗くと髪の長い頭部が壁に消えてい 九十九怪談よりもじっくり描かれていて、とても面白かった。「鬼術」が不気味で怖かった。夜息子が泣き叫んで見てみると息子の髪の毛が4、50本も抜けていたりとか、息子の部屋を覗くと髪の長い頭部が壁に消えていったりとじわじわ迫る何かに読んでてぞっとしました。そして、「腕」は一転して切なくなるような心が温かくなるようなお話でした。 …続きを読む
    フキノトウ
    2014年07月22日
    23人がナイス!しています
  • 「病の間」より「鬼術」の方が読み応えあったな。ホラー映画みたい。木下さんが助けてくれなかったらどうなっていたのか…術をかけた人に一体何があったのか、知りたいような、知りたくないような。 「病の間」より「鬼術」の方が読み応えあったな。ホラー映画みたい。木下さんが助けてくれなかったらどうなっていたのか…術をかけた人に一体何があったのか、知りたいような、知りたくないような。
    ☆kubo
    2013年07月03日
    19人がナイス!しています
  • 有数の古い家柄で、広い家。そこには「病の間:と呼ばれる部屋があるという。泊まった人間が逃げ出し、その後、死ぬという曰くつきの部屋に、興味本位でカメラをセットした私。そこに映っていたものとは・・・表題作 有数の古い家柄で、広い家。そこには「病の間:と呼ばれる部屋があるという。泊まった人間が逃げ出し、その後、死ぬという曰くつきの部屋に、興味本位でカメラをセットした私。そこに映っていたものとは・・・表題作他、14編が収録された怪談シリーズ第3弾。 …続きを読む
    緋莢
    2016年01月12日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品