狼と香辛料XVII Epilogue

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784048706858

狼と香辛料XVII Epilogue

  • 著者 支倉 凍砂
  • 絵 文倉 十
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
280
ISBN:
9784048706858

メディアミックス情報

NEWS

「狼と香辛料XVII Epilogue」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本編終了の約5年後のロレンス達を描いたepilogue幕間と終幕、あとは短編集3本からなる今巻ですが、いいエピローグでしたね。本編で登場した主要人物(主に女性陣)たちが登場し、懐かしい反面、女性陣たち 本編終了の約5年後のロレンス達を描いたepilogue幕間と終幕、あとは短編集3本からなる今巻ですが、いいエピローグでしたね。本編で登場した主要人物(主に女性陣)たちが登場し、懐かしい反面、女性陣たちで普通に会話が成り立っていて面白かったです。特にノーラとエーブは水と油みたいな関係性にも関わらず違和感なかったですね。欲をいえばニョッヒラ到着後のエピソードもあると嬉しかったです。店の名前はやっぱりかぁといった感じでしたが、この名前しかないですよねww二人の子供が成長してからの話も読んでみたいものです。 …続きを読む
    メロリン@5月は再読強化キャンペーン!
    2013年12月31日
    69人がナイス!しています
  • 狼と香辛料短編集,4作目。狼と香辛料最終巻。太陽の金貨騒動から数年後、ニョッヒラに店を持つことになったロレンスとホロの後日譚…「Epilogue」。ロレンスの持つ短編に纏わる昔ながらの領土を守る老兵と 狼と香辛料短編集,4作目。狼と香辛料最終巻。太陽の金貨騒動から数年後、ニョッヒラに店を持つことになったロレンスとホロの後日譚…「Epilogue」。ロレンスの持つ短編に纏わる昔ながらの領土を守る老兵との話…「行商人と鈍色の騎士」。コルの視点で描かれるホロとロレンスの仲…「狼と灰色の笑顔」。旅の途中で寄ることになった村での過剰な接待の理由とは…「狼と白い道」のメイン中編1本と3本の短編集。「Epilogue」の後日譚は読めて良かったwまさかの旅で出会った女を全て呼ぶとは修羅場だったなwノーラとか司祭に→ …続きを読む
    Yobata
    2013年08月06日
    57人がナイス!しています
  • 『最後まで書き切る』という言葉に偽りはなく、きれいに書き切ってくれました。かつてホロが牙を剥いて張り合ったライバル達に自慢したかったこと(というよりは見届けて欲しかった自らの生きざま)は何だったのかが 『最後まで書き切る』という言葉に偽りはなく、きれいに書き切ってくれました。かつてホロが牙を剥いて張り合ったライバル達に自慢したかったこと(というよりは見届けて欲しかった自らの生きざま)は何だったのかが余すところ無く書かれています(イラストにまでな)(笑)。単なる『ラストのオールスター集合』ではない前段のお話は、一巻からまた読み返したくなる誘惑にかられます。その他短編は、彼ら二人の道行きのほんのこぼれ話。とは言えこの物語がどんなお話だったかを端的に総括しているよいお話です。 …続きを読む
    ぺぱごじら
    2011年07月09日
    57人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品