サイレント・ブラッド

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784043944583

サイレント・ブラッド

  • 著者 北林 一光
  • イラスト 藤田 新策
  • デザイン 角川書店装丁室 國枝達也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784043944583

大重版!「ファントム・ピークス」の著者が遺した、遺作にして大傑作!

失踪した父の行方を訪ね大学生の一成は、長野県大町市にやってきた。深雪という女子大生と知り合い一緒に父の足取りを追うが、そこには意外な父の秘密が隠されていた!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「サイレント・ブラッド」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 実は異郷や異人をテーマにした話が結構好みである。桃源郷、隠れ里、迷い家。そして山人、山窩、道々の輩等。舞台が北アルプスの鹿島川源流部に実在する平家の落人伝説の地カクネ里と知り、かなりの期待をもって読み 実は異郷や異人をテーマにした話が結構好みである。桃源郷、隠れ里、迷い家。そして山人、山窩、道々の輩等。舞台が北アルプスの鹿島川源流部に実在する平家の落人伝説の地カクネ里と知り、かなりの期待をもって読み始めるが残念ながら舞台がカクネ里でなければならない必然性が余り感じられなかった。しかも主人公達が重装備で艱難辛苦の末、やっと辿りついた渓谷の秘境に、いくら地元民とは言え何人もが軽装で上がって来るのに違和感を覚える。ホラーは嫌いじゃないがホラーにはホラーの文法がある。ミステリなのかホラーなのか中途半端な読後感。 …続きを読む
    ntahima
    2012年09月02日
    77人がナイス!しています
  • 必要に迫られた時以外、特に話しをすることはない。父と息子の関係なんてそんなものだと思っていた。父が失踪するまでは。ある日失踪した父の車が長野県の大町市内で見つかったと警察から連絡があり、一人現地に向か 必要に迫られた時以外、特に話しをすることはない。父と息子の関係なんてそんなものだと思っていた。父が失踪するまでは。ある日失踪した父の車が長野県の大町市内で見つかったと警察から連絡があり、一人現地に向かった一成でしたが・・。「ファントム・ピークス」を読んだ時も思ったのですが、読みながら一つ一つの情景が目に浮かんでくるようでした。自然の厳しさ、そして業の深さを痛感させるお話でした。読了後は両親が生まれ育った田舎に行ってみたくなりました。それにしても著者が亡くなられた事が惜しまれます。★★★★ …続きを読む
    うしこ@灯れ松明の火(文庫フリークさんに賛同)
    2012年12月24日
    75人がナイス!しています
  • 以前に読んだ『ファントム・ピークス』同様に自然の描写が素晴らしい作品でした。失踪した父親の足取りを追う息子の一成と現地で知り合った深雪。『タケル』とは一体何者?『カクネ里』には一体何が隠されていたのか 以前に読んだ『ファントム・ピークス』同様に自然の描写が素晴らしい作品でした。失踪した父親の足取りを追う息子の一成と現地で知り合った深雪。『タケル』とは一体何者?『カクネ里』には一体何が隠されていたのか? 最後が少しオカルト的な終わり方だったけど十分な読み応えでした。作者が早逝だけに新しい作品をもう読むことができなくて残念です。 …続きを読む
    mr.lupin
    2018年05月07日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品