ファントム・ピークス

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784043944026

ファントム・ピークス

  • 著者 北林 一光
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784043944026

私はこういう小説が大好きです(宮部みゆき)。未曾有のパニックエンタ!

長野県安曇野。半年前に失踪した妻の頭蓋骨が見つかる。しかしあれほど用心深かった妻がなぜ山で遭難? 数日後妻と同じような若い女性の行方不明事件が起きる。それは恐るべき、惨劇の始まりだった。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ファントム・ピークス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 退屈しないが、残る物も少ないというのが正直なところ。この手のパニック物は 1.災害の正体と意外性 2.災害が猛威を奮う描写の臨場感 3.その対処と結末 はっきり言ってこの3点が全てだと思うのだが、1と 退屈しないが、残る物も少ないというのが正直なところ。この手のパニック物は 1.災害の正体と意外性 2.災害が猛威を奮う描写の臨場感 3.その対処と結末 はっきり言ってこの3点が全てだと思うのだが、1と3がどうも弱い。災害の正体が○○○○○○ではなく○○○だった!と言われても、殆どの読者は「別にどっちでも…」と感じたではないか。結末も、相手がアレだとそういう感じにするしかないね、という想定の域を出ない。ヒロイン?の凛子の融通の利かない正論もやや辛い。「なぜ告発しなかったのよ!」とか、ソレをソノ人に言うか? …続きを読む
    W-G
    2016年10月10日
    424人がナイス!しています
  • これは怖い。映画化したらかなりのヒットになるのでは。日本版グリズリー、山版のジョーズといったところでしょうか。静かな語り口ながらじわじわと忍び寄る恐怖、最後まで緊張感を持続させる筆力は群を抜いています これは怖い。映画化したらかなりのヒットになるのでは。日本版グリズリー、山版のジョーズといったところでしょうか。静かな語り口ながらじわじわと忍び寄る恐怖、最後まで緊張感を持続させる筆力は群を抜いています。凄惨な描写にさえ風格と荘厳さを感じさせるこの方の作品、もっともっと読みたかった。 …続きを読む
    サム・ミイラ
    2014年06月27日
    322人がナイス!しています
  • 先入観て怖いですねぇ!(笑) 「宮部みゆき絶賛」ときたので伏線が散りばめられた「どんでん返し」のミステリーを想像してたら・・・ あれ、いいの?、う~ん、えぇー、おぉ なるほど!!(笑) なかなかに手に 先入観て怖いですねぇ!(笑) 「宮部みゆき絶賛」ときたので伏線が散りばめられた「どんでん返し」のミステリーを想像してたら・・・ あれ、いいの?、う~ん、えぇー、おぉ なるほど!!(笑) なかなかに手に汗握る場面展開、緊迫の描写、安曇野に行ったことあれば より楽しめますね、いいんじゃないでしょうか (^_^)v …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2012年02月28日
    228人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品