三毛猫ホームズの無人島

三毛猫ホームズの無人島 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2011年06月01日
商品形態:
電子書籍

三毛猫ホームズの無人島

  • 著者 赤川 次郎
発売日:
2011年06月01日
商品形態:
電子書籍

10年ぶりに廃墟の島に明かりが灯る! かつての島民とホームズ一行が島で遭遇する哀しき過去とは!? 三毛猫ホームズの推理が冴え渡る短編4つを収録

10年前、炭鉱の閉山によって無人島となった〈軍艦島〉に明かりが灯った! 翌朝、かつての住人たちのもとに招待状が届いた。困惑しつつも、懐かしさとともに島へと集まる、かつて島で暮らした人々。船の中には、彼らと共に島へ渡るホームズたちの姿が。島で待っていたのは思わぬ出来事、そして予期せぬ殺人──。ホームズが明らかにする10年前の哀しき真相とは? 表題作他、3編収録の短編集、ますます好調シリーズ第31弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「三毛猫ホームズの無人島」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 無人島での殺人というとアガサクリスティを思い出してしまう。無人島ではないかもしれないが似たような話は推理小説でも多い。三毛猫ホームズの無人島での大きな違いは三毛猫ホームズの役割だろう。あるときは犯罪の 無人島での殺人というとアガサクリスティを思い出してしまう。無人島ではないかもしれないが似たような話は推理小説でも多い。三毛猫ホームズの無人島での大きな違いは三毛猫ホームズの役割だろう。あるときは犯罪の手がかりを、あるときは最後の犯罪を阻止する役割を担っている。人気の三毛猫ホームズのシリーズは感想が少ない。楽に読めるので他人の意見が必要ないのかも。登場人物の片山刑事、妹の晴美さん、三毛猫ホームズ、石津刑事を容易に理解できるようになる軽妙なる書きぶり。閉山となった炭鉱の軍艦島は有名。舞台のわかりやすさもよい。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2009年09月11日
    98人がナイス!しています
  • 今回もこのシリーズの面白さは健在。4つの物語すべてが面白かった。。 今回もこのシリーズの面白さは健在。4つの物語すべてが面白かった。。
    まいっ♪
    2010年12月19日
    14人がナイス!しています
  • 短編ミステリ。サクサク読みやすく、またおなじみのキャラがでているので非常に安定感がある。ネタをどうのこうのというよりはいつもの面子に再会といった印象を受けるのは長いシリーズ物の宿命か。しかし一定のクオ 短編ミステリ。サクサク読みやすく、またおなじみのキャラがでているので非常に安定感がある。ネタをどうのこうのというよりはいつもの面子に再会といった印象を受けるのは長いシリーズ物の宿命か。しかし一定のクオリティとリーダビリティを保った作品をこれだけ書き続けるというのはすごい事だと思う。 …続きを読む
    朱音
    2010年11月15日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品