角川文庫

黄金の王 白銀の王

一国をめぐる男二人の相克!! 日本ファンタジーの最高峰、遂に文庫化!!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041000106
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

黄金の王 白銀の王

一国をめぐる男二人の相克!! 日本ファンタジーの最高峰、遂に文庫化!!

  • 著者 沢村 凛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041000106

一国をめぐる男二人の相克!! 日本ファンタジーの最高峰、遂に文庫化!!

二人は仇同士だった。二人は義兄弟だった。そして、二人は囚われの王と統べる王だった――。百数十年にわたり、国の支配をかけて戦い続けてきた二つの氏族。二人が選んだのは最も困難な道、「共闘」だった。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黄金の王 白銀の王」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 6年ぐらい前に単行本で読んで以来の再読だったけどやっぱり面白かった。好みが変わっていない=成長していないということかもしれないけど。ちなみに文庫化の際の訂正箇所はどこだかさっぱりわからなかった。 6年ぐらい前に単行本で読んで以来の再読だったけどやっぱり面白かった。好みが変わっていない=成長していないということかもしれないけど。ちなみに文庫化の際の訂正箇所はどこだかさっぱりわからなかった。
    takaC
    2015年01月19日
    145人がナイス!しています
  • 黄金の王 白銀の王と言う事で、最初は穭が黄金の王、薫衣が白銀の王と称されているのかと思った。でも、二人が表と裏。不安と焦燥と希望と安らぎの中「もし」と想像しているから、どちらも二人の事。相手の治世をき 黄金の王 白銀の王と言う事で、最初は穭が黄金の王、薫衣が白銀の王と称されているのかと思った。でも、二人が表と裏。不安と焦燥と希望と安らぎの中「もし」と想像しているから、どちらも二人の事。相手の治世をきっと穭にとって玉女は薫衣。もし薫衣が女性なら、もっと穭の覇権も治世も安定していたはずだ。なのに、何と何と、細い線の上を二人の男は辿ったのだろう。神経も、計画も、綱渡りなんて生易しくない。歯を食いしばり、血を吐き、耳を呪詛の声で塞がれ、足の裏を金の糸でずたずたにしながら、猶月の銀色の光だけ求めて歩き続ける様な。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2015年11月29日
    109人がナイス!しています
  • 双子皇子龝(しゅう)と厦(か)の時代からその血筋同士が玉座を奪い合っている翠の国。今は鳳龝の頭領・穭(ひづち)が治めている。旺厦の頭領・薫衣(くのえ)の美しさ天然さそして聡明さ。まわりの人はいろいろ嫌 双子皇子龝(しゅう)と厦(か)の時代からその血筋同士が玉座を奪い合っている翠の国。今は鳳龝の頭領・穭(ひづち)が治めている。旺厦の頭領・薫衣(くのえ)の美しさ天然さそして聡明さ。まわりの人はいろいろ嫌になる。穭が一番そういう思いとたたかったんだろうな。統治者としては薫衣より優れていると思うけど。異国との戦勝報告で樊(まがき)さんが途中で薫衣を殺しとくべきでしたというのも尤もです。薫衣と穭の結末は決して大団円とはいえない。でもふたりともなすべきことを成し遂げて思い残すことはなかっただろう。 …続きを読む
    Mumiu
    2014年11月24日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品