低俗霊MONOPHOBIA (6)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年02月02日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
210
ISBN:
9784041201381

低俗霊MONOPHOBIA (6)

  • 著者 刻夜 セイゴ
  • 原作 奥瀬 サキ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年02月02日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
210
ISBN:
9784041201381

明かされる舞入冬の秘密!

同じ身体を共有しつつも舞入冬は秘密を持っていた。舞入夏の知らない舞入冬の拳法。舞入冬の使う拳の師の目をみたとき、日芽偲乃の身に何かがおこった!? そして夢を扱うことに長けた舞入夏だけがそれを……!!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「低俗霊MONOPHOBIA (6)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • とりあえずきれいに終わったけど、神花とジェーンの話気になる とりあえずきれいに終わったけど、神花とジェーンの話気になる
    へへろ~本舗
    2018年05月19日
    7人がナイス!しています
  • 奥瀬サキ作品は兎に角その世界観が好き。キャラも絵も話も大好きだったからもっと読みたかったなあ。舞入夏は奥瀬キャラの中では珍しいタイプだっただけに、このキャラじゃないと出来ないような低俗霊のエピソードも 奥瀬サキ作品は兎に角その世界観が好き。キャラも絵も話も大好きだったからもっと読みたかったなあ。舞入夏は奥瀬キャラの中では珍しいタイプだっただけに、このキャラじゃないと出来ないような低俗霊のエピソードもまだまだありそうで、残念。十野も推理力とエロが程よくミックスされ良いキャラだった。奥瀬作品としては、むしろここまで続いたことを喜ぶべきなのかもしれないが。『自動人形』の続きを未だに待っているのは、俺だけでいい……。 …続きを読む
    ぽぺ
    2013年05月15日
    5人がナイス!しています
  • 「メヌゥの悪夢」は、後半は諸星大二郎の「妖怪ハンター」っぽい雰囲気でした。最後の最後で明かされた神花先生とジェーンの関係には意表をつかれました。 「メヌゥの悪夢」は、後半は諸星大二郎の「妖怪ハンター」っぽい雰囲気でした。最後の最後で明かされた神花先生とジェーンの関係には意表をつかれました。
    更紗蝦
    2013年12月19日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品