映画化作品

散り椿

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041101193

映画化作品

散り椿

  • 著者 葉室 麟
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
360
ISBN:
9784041101193

追われた男はなぜ帰ってきたのか? 新・直木賞作家の心揺さぶる時代長編!

一刀流道場四天王の一人と謳われた新兵衛が、18年ぶりに山間の小藩に帰郷した。居候として迎えることになった甥の藤吾は、迷惑なことと眉をひそめるが、やがて藩の不正をめぐる権力抗争が表面化する……。


メディアミックス情報

NEWS

「散り椿」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 余命いくばくも無い妻からの頼み。夫・新兵衛に故郷に戻り為して欲しい事とは?藩主側用人にして出世頭・榊原采女の義父を斬ったのは誰か?妻の遺した言葉・和歌の真意は?謎に引き込まれ一気読み。物語として直木賞 余命いくばくも無い妻からの頼み。夫・新兵衛に故郷に戻り為して欲しい事とは?藩主側用人にして出世頭・榊原采女の義父を斬ったのは誰か?妻の遺した言葉・和歌の真意は?謎に引き込まれ一気読み。物語として直木賞『蜩の記』を上回りました(個人的印象です)鮮やかに裏返される妻の遺言・和歌。中年となった我が身と友・身分も生死も、かつて道場四天王と呼ばれた「あの若者たちはどこへ行ってしまったのだろう」切腹させられた父の汚名そそぐ為、出世に走る若武者・藤吾の、嫌っていた新兵衛の影響で変わり行くさま。→続く …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)
    2012年03月13日
    84人がナイス!しています
  • 地元の図書館で追悼コーナーを拝見し、映画化されることもあり、読んでみた。そこで暮らす人々の人情味溢れるものがあり、自分の信念を持って生きる武士の姿、人々の絆、時に家族の絆の強さに心温まる。生と死に関し 地元の図書館で追悼コーナーを拝見し、映画化されることもあり、読んでみた。そこで暮らす人々の人情味溢れるものがあり、自分の信念を持って生きる武士の姿、人々の絆、時に家族の絆の強さに心温まる。生と死に関してそれぞれの思いが感じられ、切なさもあり、決心に様々な背景があり、簡単に決まられない重みのあるものであり、相手との信頼関係などもあり、難しいものだと伝わる。家族、友人達をを思う気持ちや周りの成長などが更に物語に深みを増していくものだと感じた。著者のご冥福をお祈りします。 …続きを読む
    ヤスギタちゃん🦅
    2018年01月08日
    83人がナイス!しています
  • 「散る椿は残る椿があると思えばこそ見事に散っていけるのだ」 このフレーズこそが物語の全てを伝えている。亡くなった妻の願い事を叶えに故郷に帰るところから始まる物語だが、夫婦愛友情と、人を想う気持ちと受け 「散る椿は残る椿があると思えばこそ見事に散っていけるのだ」 このフレーズこそが物語の全てを伝えている。亡くなった妻の願い事を叶えに故郷に帰るところから始まる物語だが、夫婦愛友情と、人を想う気持ちと受け取る気持ちが一致しない切なさ、そして若き男が成長していく姿、女性としてあるべき姿等読み処満載で、良い作品だった。こういう作品をたくさん読みたい。 …続きを読む
    レアル
    2015年03月26日
    82人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品