秋の牢獄

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043892037

秋の牢獄

  • 著者 恒川 光太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784043892037

「夜市」の著者が新たに紡ぐ、圧倒的に美しく切なく恐ろしい物語

11月7日水曜日。女子大生の藍は秋のその一日を何度も繰り返している。朝になれば全てがリセットされる日々。この繰り返しに終わりは来るのか──。圧倒的な切なさと美しさに満ちた傑作中編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「秋の牢獄」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 季節は秋。昨年の秋に読もうとして、読めなかった本作を遂に読了出来ました。短編を3編収録。共通して流れるのは「囚われる」こと。標題作では11月7日に囚われてしまう。更に主人公以外にも囚われる人々がおり、 季節は秋。昨年の秋に読もうとして、読めなかった本作を遂に読了出来ました。短編を3編収録。共通して流れるのは「囚われる」こと。標題作では11月7日に囚われてしまう。更に主人公以外にも囚われる人々がおり、小さなコミュニティを為す。世界観に唸らされる。「神家没落」では家に囚われる。儚さと家を受け継ぐ資格の無い人物に、譲り渡した不幸。ラストは圧巻。「幻は夜に成長する」では、能力者がカルトに囚われる。リオはとある人物から能力を受け継ぐ。その後カルトに囚われ内なる「怪物」を育てる。圧巻のラスト。3編外れなしの短編集。 …続きを読む
    yoshida
    2016年10月28日
    487人がナイス!しています
  • すべてはなにかに囚われし者の物語。絶望と救いと少しの希望。自由との対極。夜市とはまた違う感覚。三つの話はもしかすると自由に生きているはずの私達への揶揄なのかも知れない。それこそが錯覚なのだと。安部公房 すべてはなにかに囚われし者の物語。絶望と救いと少しの希望。自由との対極。夜市とはまた違う感覚。三つの話はもしかすると自由に生きているはずの私達への揶揄なのかも知れない。それこそが錯覚なのだと。安部公房の砂の女を思い出す。好みとしてはやはり表題作か。このストーリーは北村薫の「ターン」に着想を得ているように思うが捉え方の違いが非常に面白い。最後にひとつ。寄り道はせずまっすぐ帰りましょう(笑) …続きを読む
    サム・ミイラ
    2018年10月10日
    469人がナイス!しています
  • 恒川光太郎の本を初めて読んだ。ホラー小説には独特の世界につれていってくれる楽しみがあるが、文体がいい。1日をリピートする設定はよくあるパターンだが、表題作以外の「神家没落」「幻は夜に成長する」もとらわ 恒川光太郎の本を初めて読んだ。ホラー小説には独特の世界につれていってくれる楽しみがあるが、文体がいい。1日をリピートする設定はよくあるパターンだが、表題作以外の「神家没落」「幻は夜に成長する」もとらわれた人間の不気味さのようなものが、筆致よく描かれている。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2010年10月11日
    447人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品