ポーツマスの贋作

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年12月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784048740838

ポーツマスの贋作

  • 著者 井上 尚登
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年12月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784048740838

ポーツマス、パリ、東京。1枚の贋作が海を渡った。歴史を変えた密偵たち。

日露戦争の行く末を決めるポーツマス講和会議のさなか、ユダヤ系富豪ジョエルが崖から転落する。屋敷の壁からは血の手形が擦り取られた跡が。その頃パリでは、一人の画家が命を狙われていた……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ポーツマスの贋作」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ポーツマス、贋作、北斎、暗号、戦局、駆け引き、東京・アメリカ、パリ・ロシア…。大きな柱が何本も立てるんだけど(どれも好みなんだけどな)、チマチマ感がハンパねぇ。 キャラもいいのに、大きく広げた風呂敷は ポーツマス、贋作、北斎、暗号、戦局、駆け引き、東京・アメリカ、パリ・ロシア…。大きな柱が何本も立てるんだけど(どれも好みなんだけどな)、チマチマ感がハンパねぇ。 キャラもいいのに、大きく広げた風呂敷は、適当に急ぎ足でザザっと畳んだ感じで、大変残念だった(ふ~…(ため息)…)って感じで、…残念。。着目点は興味深いのに、「物語」に「展開」して「落とし込」む仕方がジブンの好みでないのが残念だったかもね。 …続きを読む
    komaneko
    2019年07月27日
    29人がナイス!しています
  • 面白いんだけど。パリの話だけで充分だったかな。日露戦争を終結させたポーツマス講和会議は、本当はこんな話だったら……龍二郎がもて過ぎ!(←そこじゃない…)ちょっとゴチャゴチャになってしまって大変だった。 面白いんだけど。パリの話だけで充分だったかな。日露戦争を終結させたポーツマス講和会議は、本当はこんな話だったら……龍二郎がもて過ぎ!(←そこじゃない…)ちょっとゴチャゴチャになってしまって大変だった。 …続きを読む
    nonたん
    2014年03月17日
    22人がナイス!しています
  • 日露講和の裏側を描いたサスペンス。スケールもでかくて展開もスリリングで面白かった。当時の政治的駆け引きもかなり良く書けていたと思うし。ただ贋作ってゆうタイトルやけど、ソコはたいして重要じゃないような… 日露講和の裏側を描いたサスペンス。スケールもでかくて展開もスリリングで面白かった。当時の政治的駆け引きもかなり良く書けていたと思うし。ただ贋作ってゆうタイトルやけど、ソコはたいして重要じゃないような…。作者の好みかな。 …続きを読む
    たくろー
    2011年04月20日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品