西巷説百物語

第24回柴田錬三郎賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年07月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
612
ISBN:
9784048740548

第24回柴田錬三郎賞

西巷説百物語

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年07月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
612
ISBN:
9784048740548

京極節の真骨頂、シリーズ第五弾。

人が生きて行くには痛みが伴う。人の数だけ痛みがあり、傷むところも、傷み方もそれぞれちがう……様々に生きづらさを背負う人間たちの業を、林蔵があざやかな仕掛けで解き放つ。妖怪小説の金字塔!

巷説シリーズ 登場人物


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「西巷説百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 関西が舞台なせいか、妖とは違った雰囲気が感じられました。どちらかと言えば惑わすものたちが巷にあふれていると言えますね。関西らしく、一筋縄ではいかない因縁話もカラッと受け止めてしまうノリがあると思います 関西が舞台なせいか、妖とは違った雰囲気が感じられました。どちらかと言えば惑わすものたちが巷にあふれていると言えますね。関西らしく、一筋縄ではいかない因縁話もカラッと受け止めてしまうノリがあると思います。不思議な仕掛けも江戸の闇とは異なり合理的で明るく描いている印象を受けました。今までのシリーズとは正反対の要素が多かった気がします。 …続きを読む
    優希
    2017年07月18日
    96人がナイス!しています
  • 西の町、巷に蠢く妖怪変化の百物語、今宵も語り聞かせるは靄船の二つ名を持つ小悪党。行き方も知れぬ靄船に乗せられ此岸を発てば、忽ち現は夢の彼方に掻き消える、否、夢が現に為り変わる。疑う心が鬼を生むのならば 西の町、巷に蠢く妖怪変化の百物語、今宵も語り聞かせるは靄船の二つ名を持つ小悪党。行き方も知れぬ靄船に乗せられ此岸を発てば、忽ち現は夢の彼方に掻き消える、否、夢が現に為り変わる。疑う心が鬼を生むのならば、押し込めた心の闇は積り集い溜り凝りて怪異を生む。欲得が呼び覚ます罪の痕、人の道を踏み越えた悪意の嗤い、歪んだ愛の果ての狂気、二度と戻らぬ過去への悔い。げに恐ろしきは人の業、そして断ち切る仕掛けを施すのもまた人の為せる業。『これにて終いの金比羅さんや』、けれど、人の世がある限り怪異の潰えることはない。 …続きを読む
    ちはや@灯れ松明の火
    2010年08月30日
    79人がナイス!しています
  • 再読。社会では己を善人と思わねば立ち行かない。我は悪人と嘯く者も己の善意を確信した上の嘯きだろう。殆ど者は誰も己を真に悪人と考えない。だが善人にも悪心はある、悪意も過去の悪行もある。一つもないという者 再読。社会では己を善人と思わねば立ち行かない。我は悪人と嘯く者も己の善意を確信した上の嘯きだろう。殆ど者は誰も己を真に悪人と考えない。だが善人にも悪心はある、悪意も過去の悪行もある。一つもないという者も又いないだろう。林蔵は善悪の真ん中で揺れる者にどちらかへ振り切るよう選ばせる。本来振り切るなど有り得ない事柄を強引に本人に選ばせる。その林蔵の卑怯さは彼の過去の罪ゆえの弱気な卑怯さだ。自身が善悪の彼岸でどの道も選び得ない事へのある種八つ当たりだ。そんな彼も最後の最後にどちらかの道を選んだのだろう。宮迫博之 …続きを読む
    たかゆき
    2016年12月02日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品