試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784043268023

古代史で楽しむ万葉集

  • 著者 中西 進
  • カバーデザイン 芦澤 泰偉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年04月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784043268023

『万葉集』とその時代の歴史が両方わかる!

新元号「令和」決定!
『万葉集』1200年目のベストセラーに。

『万葉集』研究の第一人者であり、新元号の見識も高い中西進による著作。
天皇や貴族を取り巻く政治的な事件を追い、渦中に生きた人々を見いだし歌を味わう。防人の歌、東歌といった庶民の歌にも深く心を寄せる。歌集を読むだけではわからない、万葉の世界が開ける入門書。


メディアミックス情報

NEWS

「古代史で楽しむ万葉集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 7世紀後半から8世紀の古代日本において編纂された万葉集は1300年経ても多くの人々に愛され読み継がれている。万葉集は記紀と密接に繋がりを持ち、宮廷讃歌の意味合いが深い。万葉学の泰斗、中西進氏は万葉集の 7世紀後半から8世紀の古代日本において編纂された万葉集は1300年経ても多くの人々に愛され読み継がれている。万葉集は記紀と密接に繋がりを持ち、宮廷讃歌の意味合いが深い。万葉学の泰斗、中西進氏は万葉集の歌に添いつつ、その背後の古代史を通覽して重要な政変や事件を取り上げ古代史のなかの人々や万葉集を世界を浮かび上がらせている。舒明天皇以降 血生臭い皇位継承や政変、幾度の遷都、混沌とする東アジアへの派兵、疫病などの渦中にあった人々が心情を吐露し詠う古代詩歌は歴史と表裏一体をなし歌の世界が広がっていく思いがした。→ …続きを読む
    都わすれ
    2020年01月29日
    119人がナイス!しています
  • 易しく万葉集の歌を味わうことができる。チンケな言い方だが、古代のロマンに浸りつつ。例の令和の箇所はさらりと半ページくらい。大伴旅人の想いが中心です。当然だけど。補足: 中西先生は、元号推薦を否定されて 易しく万葉集の歌を味わうことができる。チンケな言い方だが、古代のロマンに浸りつつ。例の令和の箇所はさらりと半ページくらい。大伴旅人の想いが中心です。当然だけど。補足: 中西先生は、元号推薦を否定されているが、本書を読むとそうかもしれないなと思いました。 …続きを読む
    佳音
    2019年04月25日
    86人がナイス!しています
  • 万葉の歌が詠まれた時代を知ることが出来る一冊。皇極・斉明朝の事柄に関しては、先月読んだ『皓月』のおさらいをしているようで感慨深かった。天智・天武の時代も含めて戦だらけで血みどろだよ…。それに比べると、 万葉の歌が詠まれた時代を知ることが出来る一冊。皇極・斉明朝の事柄に関しては、先月読んだ『皓月』のおさらいをしているようで感慨深かった。天智・天武の時代も含めて戦だらけで血みどろだよ…。それに比べると、その次の時代を担う首皇子(聖武天皇)は何と呑気な歌を詠んでいることか、と思っても仕方ないよね(笑) 一番心に響いたのは‘恋の奴’の歌で有名な穂積皇子と但馬皇女の悲恋。歌で辿るとこれは本当に切ない。皇子の『けっして恋をしようとしない、寂しげな微笑みのしぐさ』だなんて。 …続きを読む
    しゅてふぁん
    2018年10月13日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品