角川学芸ブックス 亀が鳴く国 日本の風土と詩歌

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
196
ISBN:
9784046212801
ニコカド祭り2020

角川学芸ブックス 亀が鳴く国 日本の風土と詩歌

  • 著者 中西 進
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
196
ISBN:
9784046212801

風土は言葉を育み、詩は古来の魂を蘇生する。万葉学者が綴る日本の心の器。

万葉のうたびとから今日の詩歌俳人まで、時代を超えて愛唱され続ける詩歌作品と、それを育む風土の通奏低音を探る。アジアやヨーロッパ文化にも照らし合わせ、本当の日本人らしさを探る、国文学者の珠玉エッセイ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「角川学芸ブックス 亀が鳴く国 日本の風土と詩歌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ☆☆☆「令和」記念で中西進さんの講演会が太宰府で開かれることになりました。中西進さんの講演会のために中西進さんの著作を何冊か読みましたが、コロナウイルス騒動で中止になってしまいました。中西進さん講演会 ☆☆☆「令和」記念で中西進さんの講演会が太宰府で開かれることになりました。中西進さんの講演会のために中西進さんの著作を何冊か読みましたが、コロナウイルス騒動で中止になってしまいました。中西進さん講演会は参加するつもりでしたから、残念です。 中西さんの年齢を考えると次の機会があるかどうか厳しいかもしれません。わたしは2012年3月に鳥栖で開かれた日本ペンクラブのイベントで中西進さんのお話は聴いています。 このときは浅田次郎さん、高樹のぶ子さん、新井満さんも話をされました。 …続きを読む
    あいくん
    2020年02月26日
    13人がナイス!しています
  • 海外で俳句ブームがあったんだぜとは聞いた話だが、詳しく聞きもせずに軽く馬鹿馬鹿しく思っていたが、これがなかなか綺麗じゃないかと思えた。 海外で俳句ブームがあったんだぜとは聞いた話だが、詳しく聞きもせずに軽く馬鹿馬鹿しく思っていたが、これがなかなか綺麗じゃないかと思えた。
    不以
    2013年04月19日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品