スパイクを買いに

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048740296

スパイクを買いに

  • 著者 はらだ みずき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年03月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784048740296

『サッカーボーイズ』の著者が描く、心がうち震える人生エール!

40歳を過ぎて挫折を味わった岡村は、中学生の息子・陽平が大好きなサッカー部を辞めた理由を知りたくて、陽平の小学校時代のコーチに誘われるまま、サッカーを始めたが……人生の再出発を描くエール小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「スパイクを買いに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「サッカーボーイズ」シリーズのスピンオフ的な一冊で、主人公はサッカー少年を息子に持つ中年男性のお話。中三年になり、大好きだったサッカーをいきなり辞めてしまった息子のその理由を探るうち、自ら、草サッカー 「サッカーボーイズ」シリーズのスピンオフ的な一冊で、主人公はサッカー少年を息子に持つ中年男性のお話。中三年になり、大好きだったサッカーをいきなり辞めてしまった息子のその理由を探るうち、自ら、草サッカーチームに携わっていく。時を同じくして仕事の方でも突然の異動で立ち位置が危うい感じ。思い悩むのは息子だけではなかった。様々な事情を抱えた仲間たちとボールを追ううち何かが変わり始める。サッカー経験者はもとよりそうでなくても何かしら共感出来る部分があり、十分楽しめる。読後感は爽やか! …続きを読む
    ろ〜ずまり〜*
    2016年07月15日
    53人がナイス!しています
  • 彼の描くサッカープレイヤーは、清々しいが、少し難を言えば、技術やはり結果に対する渇望が、今ひとつ感じられない。ただ、少年時代の大人の理屈で理解し難い不安定さと、瑞々しさを書かせたらこの人はうまいと感じ 彼の描くサッカープレイヤーは、清々しいが、少し難を言えば、技術やはり結果に対する渇望が、今ひとつ感じられない。ただ、少年時代の大人の理屈で理解し難い不安定さと、瑞々しさを書かせたらこの人はうまいと感じる。また、この人の前職の出版社の描き方も、心に訴えかける。仕事に対する心持も気持ち良く感じました。サッカーという文章で表現しにくいジャンルで燦然と輝いているのも更に実感した。おまけのサッカーボーイズの木暮の登場もファンとしては嬉しい。真田のチャレンジも嬉しく、思わず走るところから再出発したくなる。 …続きを読む
    再び読書
    2017年04月10日
    45人がナイス!しています
  • 前半はとある中年サラリーマンの悲哀に満ちた身に詰まされる内容。リストラ候補。息子との没交渉。彼の悪戦苦闘の日々は、とても他人事とは思えない。そんな親子の再生の物語。でも決して出来すぎなご都合主義なお話 前半はとある中年サラリーマンの悲哀に満ちた身に詰まされる内容。リストラ候補。息子との没交渉。彼の悪戦苦闘の日々は、とても他人事とは思えない。そんな親子の再生の物語。でも決して出来すぎなご都合主義なお話ではない。親子を結ぶのはサッカー。中年男がふとした事から草サッカーのチームに入る。未経験者の彼のずっこけぶりは無理からぬこと。でも直向きに努力する事から色々な事が好転していく。逃げず恐れず闘う事。その精神を授けて呉れるスポーツはやはり偉大だ。いつまでも少年じみた中年メンバーの頑張りと絆に幾度も胸が熱くなった。 …続きを読む
    エンリケ
    2017年06月19日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品