GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で―

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044281083

GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で―

  • 著者 桜庭 一樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784044281083

名コンビ、離ればなれに……!?

風邪をひいたヴィクトリカを置いて、ひとり首都に出た一弥が遭遇したのは、奇妙な失踪事件と、有名デパートにまつわる黒い噂。電話ごしにヴィクトリカの助けを得つつ、事件を解決しようとする一弥だが……


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「GOSICKIII ―ゴシック・青い薔薇の下で―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ヴィクトリカは完全に安楽椅子探偵状態。というか、久城のヴィクトリカ使いが荒すぎ。病人を酷使するなんて。けど、ヴィクトリカは完全に久城に落ちてますね。今回は謎という謎もなくサクッと終わった感じですが、途 ヴィクトリカは完全に安楽椅子探偵状態。というか、久城のヴィクトリカ使いが荒すぎ。病人を酷使するなんて。けど、ヴィクトリカは完全に久城に落ちてますね。今回は謎という謎もなくサクッと終わった感じですが、途中で出てきたチェスドールは何だったの?ヴィクトリカが誘拐されたかと思ったけど そうじゃなかったし・・・。ロスコーも含めて 伏線かなにか?!お兄さんの髪型が取引結果とうのが酷すぎる。もう少しやさしくしてあげて。 …続きを読む
    チェシャ猫
    2014年11月23日
    159人がナイス!しています
  • 都市伝説じみたホラーな冒頭。それがいつの間にか全く違った色合いに見えてくる。その、物語としての展開の鮮やかさに引き込まれました。超個性的な髪形で異彩を放っていたブロワ警部もまた、違った姿を見せてくれま 都市伝説じみたホラーな冒頭。それがいつの間にか全く違った色合いに見えてくる。その、物語としての展開の鮮やかさに引き込まれました。超個性的な髪形で異彩を放っていたブロワ警部もまた、違った姿を見せてくれます。彼の好感度がまんまと上がってしまい、ちょっと悔しいですw老舗デパートを舞台に繰り広げられる陰惨な事件。物語のカギを握る人物とのニアミス。不穏な気配が蠢き、ダークさは増し・・・なのに、可愛らしい印象が残る第3巻でした。裏タイトルを付けるならば『一弥の はじめてのおつかい』『ヴィクトリカの おるすばん』(笑) …続きを読む
    エンブレムT
    2012年07月20日
    132人がナイス!しています
  • ブロワ警部のヘアスタイルの秘密がついに解き明かされた!!と、言うほど大袈裟ではないけれど(笑)ヴィクトリカは風邪でダウンして電話での応対のみ。その代わりグレヴィールがけっこうがんばっている(でもやっぱ ブロワ警部のヘアスタイルの秘密がついに解き明かされた!!と、言うほど大袈裟ではないけれど(笑)ヴィクトリカは風邪でダウンして電話での応対のみ。その代わりグレヴィールがけっこうがんばっている(でもやっぱりヴィクトリカ頼り) …続きを読む
    た〜
    2012年07月18日
    104人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

桜庭 一樹(さくらば・かずき)

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受ける。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。『GOSICK-ゴシック-』シリーズは人気を博し、長篇8巻短篇集4巻が刊行、アニメ化された。続刊として『GOSICK RED』『GOSICK BLUE』『GOSICK PINK』も刊行中。他の著書に『道徳という名の少年』『推定少女』『赤×ピンク』『ほんとうの花を見せにきた』『このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集』『少女七竈と七人の可愛そうな大人』『無花果とムーン』など。

最近チェックした商品