GOSICK RED

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041045954

GOSICK RED

  • 著者 桜庭 一樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041045954

ヴィクトリカと一弥、奇跡の名コンビが、全米を揺るがす大活躍!?

舞台はニューヨーク! 超頭脳“知恵の泉”を持つヴィクトリカは探偵事務所を開くが、そこに闇社会のボスから危険な依頼が舞い込み――。新展開を迎えた、ダークでキュートな大人気ミステリシリーズ、待望の文庫化!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『GOSICK RED』あらすじムービー


「GOSICK RED」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2018年275冊め。シリーズ前作は未読であるが、読む分には問題はなかった。ただ彼らの過去や嵐のエピソードが気になるので後程遡って読んでみようと思う。ミステリに関してはトリックやロジックを求めてはいけ 2018年275冊め。シリーズ前作は未読であるが、読む分には問題はなかった。ただ彼らの過去や嵐のエピソードが気になるので後程遡って読んでみようと思う。ミステリに関してはトリックやロジックを求めてはいけないのかもというレベル。雰囲気を楽しもう。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2018年07月07日
    99人がナイス!しています
  • 文庫化待ってました。おかえりなさいヴィクトリカ!前のシリーズ『旧大陸シリーズ』を読んでいたので、久々のヴィクトリカと久城のやり取りが懐かしくもあり、また感慨深いものでした。舞台は新大陸に移り変わり、『 文庫化待ってました。おかえりなさいヴィクトリカ!前のシリーズ『旧大陸シリーズ』を読んでいたので、久々のヴィクトリカと久城のやり取りが懐かしくもあり、また感慨深いものでした。舞台は新大陸に移り変わり、『二度目の嵐』を切り抜け平和な生活を始めた二人でしたが…。やはり事件は放っておいてくれないようです。ギャング連続殺人事件から、事態を予想もしない大きな陰謀へ。新シリーズ開始の為かミステリー度は軽め。旧シリーズを読んでいない人でも楽しめる物語になっています。最後気になる展開でした。次巻も楽しみです。 …続きを読む
    もも
    2016年11月13日
    56人がナイス!しています
  • GOSICK新大陸編第一弾。探偵事務所と新聞社で働く二人がギャング連続殺人の謎に迫る。旧作読んでなくても楽しめる作りになってますが、こうなるまでの色々を感じるためにはやはり旧大陸編も読まないと、という GOSICK新大陸編第一弾。探偵事務所と新聞社で働く二人がギャング連続殺人の謎に迫る。旧作読んでなくても楽しめる作りになってますが、こうなるまでの色々を感じるためにはやはり旧大陸編も読まないと、という感じです。殺人事件の謎を解く話ですが、、ミステリではないですねぇ。。面白いのは間違いないんですが。 …続きを読む
    hnzwd
    2016年11月05日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

大好きなゴシックシリーズ、こうして続編を読むことができて本当に嬉しいです。今回の舞台はニューヨーク、ギャング連続殺人事件の謎に挑むということで。これまでとはひと味違うスリリングな展開に、すっかり夢中になってしまいました!新たな敵の正体、すごく気になります。今後の展開が楽しみです!(まいまいさん)

全く期待を裏切らない作品でした。新大陸に舞台を移しても互いを思いやる一弥とヴィクトリカと、それを取り巻く新たな仲間や敵や謎がとても魅力的で安心して楽しめました。更なる続巻が期待できそうなラストも嬉しいサプライズでした。(みっつさん)

もう続きは読めないと思っていた「GOSICK」シリーズ。その続きが読めるなんて、それだけで感動です。このシリーズの軽快なテンポ、不思議な世界観、伏線と回収、ヴィクトリカの可愛らしい描写は健在で、とても読みやすくどんどん進んでしまいます。登場する人物たちも個性的で、とても楽しかったです。(ててらさん)

著者紹介

桜庭 一樹(さくらば・かずき)

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受ける。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。『GOSICK-ゴシック-』シリーズは人気を博し、長篇8巻短篇集4巻が刊行、アニメ化された。続刊として『GOSICK RED』『GOSICK BLUE』『GOSICK PINK』も刊行中。他の著書に『道徳という名の少年』『推定少女』『赤×ピンク』『ほんとうの花を見せにきた』『このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集』『少女七竈と七人の可愛そうな大人』『無花果とムーン』など。

最近チェックした商品