受命

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
688
ISBN:
9784043589029

受命

  • 著者 帚木 蓬生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
688
ISBN:
9784043589029

独裁国家の終焉を告げるプロジェクトは水面下で進行していた。

招聘医師として平壌入りを決意した津村。万景峰号で海峡を渡った舞子。中国国境から潜入した寛順と東源。彼らの運命が交錯するとき、現代史を塗り替える大事件が勃発する。北朝鮮の深層を抉り出す衝撃作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「受命」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 帚木さん11冊目。招聘医師として平壌入りした津村。万景峰号で海峡を渡った舞子。脱北者の切願を受けて密入国した寛順たち。目的も手段も異なる三者三様の北朝鮮入国だったが、彼らの運命が交錯するとき、事態は大 帚木さん11冊目。招聘医師として平壌入りした津村。万景峰号で海峡を渡った舞子。脱北者の切願を受けて密入国した寛順たち。目的も手段も異なる三者三様の北朝鮮入国だったが、彼らの運命が交錯するとき、事態は大きく動き出す。三人の視点から語られていく北朝鮮の様子に目を瞠る。フィクションとはいえ相当な取材力が窺えるほど、内情について実に丹念に描かれている。日本からだけではなく、中国や韓国からみた北朝鮮についても語られており、お国事情や問題点が明らかになるにつれ、そこで暮らすしかすべのない人々に思いを馳せた。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2016年06月15日
    75人がナイス!しています
  • 北朝鮮を舞台にしたサスペンスとしては読み応えがあった。招聘医師として平壌入りを決意した津村は招聘医師として平壌に赴く。他に職場の会長の平山の付き添いとして入国する舞子。中国国境から潜入した寛順と東源。 北朝鮮を舞台にしたサスペンスとしては読み応えがあった。招聘医師として平壌入りを決意した津村は招聘医師として平壌に赴く。他に職場の会長の平山の付き添いとして入国する舞子。中国国境から潜入した寛順と東源。産科医療でのミッションを携えて北朝鮮各地を巡るがそこで待ち構えていたものは・・・。産科医療の記載については難しく、あまり良く分からなかったが、北朝鮮の内情をこれだけよく取材したものだと驚くほどに国内の惨状が描かれていた。出版された時は金正日が存命の時代だが、今も変わっていないだろう。酷い国だと思った。 …続きを読む
    のぶ
    2019年07月13日
    69人がナイス!しています
  • フィクションでありながらもリアルな感じが…。実際見てきたかの様だ。三人が同時期に入国というのがやや強引ではあるが、ラストに向かうに連れて引き込まれた。この後どうなったのか非常に気になる。 フィクションでありながらもリアルな感じが…。実際見てきたかの様だ。三人が同時期に入国というのがやや強引ではあるが、ラストに向かうに連れて引き込まれた。この後どうなったのか非常に気になる。
    8823s
    2016年09月22日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品