孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041053348

孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7)

  • 著者 江戸川 乱歩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041053348

謎の系図に隠された恐るべき真相!

幼い頃に親に捨てられ、古い謎の系図だけが身元の手がかりという女と恋に落ちた蓑浦。その女が密室殺人で死んだ。残した系図を手に死の真相に迫る蓑浦に、想像を絶する恐怖が待ち受けていた……。

もくじ

〈収録作〉
孤島の鬼


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「孤島の鬼 江戸川乱歩ベストセレクション(7)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 孤島の鬼と言えば同性愛を中心とした物語とばかりに思っていましたが、恋愛を主題としたものではなく、同性愛者と異性愛者、二人の美男子が探偵役を担っている珍しい、謎解きミステリーでありました。乱歩独特の気味 孤島の鬼と言えば同性愛を中心とした物語とばかりに思っていましたが、恋愛を主題としたものではなく、同性愛者と異性愛者、二人の美男子が探偵役を担っている珍しい、謎解きミステリーでありました。乱歩独特の気味の悪い嗜虐心を持つ黒幕は、最も鳥肌を立たせた作品『盲獣』の獣と共通する点が多々あったように思います。諸戸と蓑浦の関係に心を痛めながらも、蓑浦と双生児の関係や双生児同士の関係にドキドキしてしまい、まさか乱歩作品で恋にときめくとは思いませんでした。読後も悪くなく、江戸川乱歩の中では最も好きな作品となりました。 …続きを読む
    2018年09月27日
    85人がナイス!しています
  • 私にとって大好きな乱歩作品です。乱歩氏特有の幻想的かつ悪夢的な世界での前半のミステリーや後半の孤島での冒険も好きだけど、諸戸氏の報われない一途で切ない恋心に特に序盤の学生時代の2人の描写があるばかりに 私にとって大好きな乱歩作品です。乱歩氏特有の幻想的かつ悪夢的な世界での前半のミステリーや後半の孤島での冒険も好きだけど、諸戸氏の報われない一途で切ない恋心に特に序盤の学生時代の2人の描写があるばかりに胸が切なくなられずにはいられなくて思わず、「箕浦の鬼っ!!」と心で叫んでしまいました。最期まで諸戸氏が箕浦のことを思い慕っていたという最後の1文に涙が零れてしまいそうでした。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2010年08月10日
    67人がナイス!しています
  • ジェンダー論のレポートで取り上げようとしたけど結局、止めた本。だっておっさん人格だった私にも乙女心があると気づかせてくれて尚且つ、腐女子への道へと進むきっかけになった本だもの(笑)個人的「美しくて哀し ジェンダー論のレポートで取り上げようとしたけど結局、止めた本。だっておっさん人格だった私にも乙女心があると気づかせてくれて尚且つ、腐女子への道へと進むきっかけになった本だもの(笑)個人的「美しくて哀しい」男三人衆の一人である諸戸氏の言動が一々、可愛すぎる反面、『赤の神紋』9巻(桑原水菜)での「精神の奇形」と言わしめた諸戸氏の苦悩を思うと辛いです。やっぱり、再読しても最後の数文は涙せずにはいられません。丈五郎、吉ちゃんなど悪人だと思われた人物すら被害者であった社会。誰もが悪かったんじゃないというのが切ない。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2014年09月23日
    62人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品