芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション2

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041053294

芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション2

  • 著者 江戸川 乱歩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041053294

乱歩、もっともおどろおどろしい珠玉の短編集。

両手両足を失い、話すことも聞くこともできない帰還軍人の夫。時子は一見献身的に支えながら、実は夫を無力な生き物扱いをし、楽しんでいた。ある日時子の感情が爆発し……表題作をはじめ9作を収録。

もくじ

〈収録作〉
芋虫

火星の運河
白昼夢
踊る一寸法師
夢遊病者の死
双生児 ──ある死刑囚が教誨師にうちあけた話──
赤い部屋
人でなしの恋


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「芋虫 江戸川乱歩ベストセレクション2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 狂った美しさがありました。怪奇と幻想の世界が広がり、世の中から逸脱しているような人たちが闇の中で笑っているような雰囲気を感じます。グロテスクと言えば簡単なのですが、それ以上の何かが詰まっているから、毒 狂った美しさがありました。怪奇と幻想の世界が広がり、世の中から逸脱しているような人たちが闇の中で笑っているような雰囲気を感じます。グロテスクと言えば簡単なのですが、それ以上の何かが詰まっているから、毒の甘さを味わうだと思います。表題作『芋虫』は何度も読んでいますが、読むたびに好きだなと思わされる作品です。 …続きを読む
    優希
    2016年10月19日
    125人がナイス!しています
  • 胴体をうねらせ動く『芋虫』にゾゾッ、『指』だけが動くなんて怪奇で、森を彷徨い血糊の『火星の運河』に辿り着く怖さあり、愛しすぎて妻を殺した夫の執念が恐ろしい『白昼夢』、離しては喰いつき楽しげに『踊る一寸 胴体をうねらせ動く『芋虫』にゾゾッ、『指』だけが動くなんて怪奇で、森を彷徨い血糊の『火星の運河』に辿り着く怖さあり、愛しすぎて妻を殺した夫の執念が恐ろしい『白昼夢』、離しては喰いつき楽しげに『踊る一寸法師』は不気味で、無駄になった『夢遊病者の死』がなんとも可哀想で、『双生児』が故のトリックと悲しい現実が切なく、罰せられない殺人を繰り返すT氏が『赤い部屋』で話したのは夢か現か…、『人でなしの恋』をした夫が愛したのはまさかの…断末魔の不気味な笑いって聞きたくないな。短編集なのでサラッと読めるけどゾワッとくる。 …続きを読む
    りゅう☆
    2018年08月31日
    106人がナイス!しています
  • 「芋虫」は勿論既読だが、それでもこの閉ざされたグロテスクな美に圧倒される。「赤い部屋」や「指」の気持ち良いまでの話の転がし方。「踊る一寸法師」の狂乱。「夢遊病者の死」の滑稽さと諧謔。改めて読んでみても 「芋虫」は勿論既読だが、それでもこの閉ざされたグロテスクな美に圧倒される。「赤い部屋」や「指」の気持ち良いまでの話の転がし方。「踊る一寸法師」の狂乱。「夢遊病者の死」の滑稽さと諧謔。改めて読んでみても100年近く前に書かれたとは思えない色褪せなさに驚きを禁じ得ない。小説のみならず多くの表現に今もなお直接的・間接的に影響し続ける理由。そして後進が乱歩に近付き超えることのいかに困難であるかも。余談だが、田島昭宇の退廃的で美しい装画に惹かれてこつこつと地道に集めたシリーズなので、書影が現行版なのがちょっと残念。 …続きを読む
    あも
    2019年08月31日
    101人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品