鏡地獄

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041079324

鏡地獄

  • 著者 江戸川 乱歩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041079324

「人間椅子」「パノラマ島奇譚」他、怪奇・幻想ものの傑作八編を厳選収録!

少年時代から、鏡やレンズ、ガラスに異常な嗜好を持ち、それが高じてついには自宅の庭にガラス工場まで作ってしまった男がたどる運命は……(「鏡地獄」)。表題作のほか、 「人間椅子」「人でなしの恋」「芋虫」「白昼夢」「踊る一寸法師」「パノラマ島奇談」「陰獣」という、乱歩の怪奇・幻想ものの傑作・代表作を選りすぐって収録。編/解説・日下三蔵


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鏡地獄」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編を読んだことがあったのだけれど、恥ずかしながら「パノラマ島奇談」「陰獣」は初めて読みました。やはりすごく気持ちわるくて読みやすくて、引き込まれる話ばっかりだ。短い中にぎゅっと乱歩のこだわりが感じら 短編を読んだことがあったのだけれど、恥ずかしながら「パノラマ島奇談」「陰獣」は初めて読みました。やはりすごく気持ちわるくて読みやすくて、引き込まれる話ばっかりだ。短い中にぎゅっと乱歩のこだわりが感じられた「人でなしの恋」なんかが大好き。勝手に木原敏江さまのイラストイメージで人形を想像してました。 …続きを読む
    ユキ@うろちょろ
    2019年07月22日
    1人がナイス!しています
  • 友人のはまっている某ゲームアプリの影響で、文豪作品に触れ直す日々。 久しぶりに乱歩作品を取ると、あー、こんな話だったなと思うのと、やっぱり怖さと謎を解くときのどんでん返しは秀逸だなと思う。 個人的に、 友人のはまっている某ゲームアプリの影響で、文豪作品に触れ直す日々。 久しぶりに乱歩作品を取ると、あー、こんな話だったなと思うのと、やっぱり怖さと謎を解くときのどんでん返しは秀逸だなと思う。 個人的に、昔読んだ人間椅子、鏡地獄は、昔同様に怖さと気持ち悪さが混在していて、あぁ、やっぱり変わらないなーと思ったり、陰獣やパノラマ島は、あれ?こんな話だった?と改めて新鮮さを感じたりしました。 また、明智シリーズでも読み返そうかなと思う乱歩を熟読した時を思い出す一冊でした。 …続きを読む
    冬桐
    2019年07月13日
    1人がナイス!しています
  • どこかしら陰鬱さや歪みを感じる幻想的な作品を集めた短編集。 今まで読みそこねていた作品がいくつか収録されていたので購入。 『パノラマ島奇談』今回はじめてちゃんと読んだが、予想以上の凄さだった。まさに悪 どこかしら陰鬱さや歪みを感じる幻想的な作品を集めた短編集。 今まで読みそこねていた作品がいくつか収録されていたので購入。 『パノラマ島奇談』今回はじめてちゃんと読んだが、予想以上の凄さだった。まさに悪夢混じりの夢。 『人でなしの恋』『陰獣』も初読ならではの先の見えない不安感を楽しめた。 …続きを読む
    アル
    2019年04月11日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品