パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション(6)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041053331

パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション(6)

  • 著者 江戸川 乱歩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041053331

死んだ人間になりすまし、巨万の富を得た男が成し得た夢の行く先

売れないもの書きの人見は、極貧生活を送っていたのだが、日がな彼独特の理想郷を夢想していた。ある日、学生時代の同窓生、自分とうり二つの億万長者が死んだことを聞き、恐ろしい企みを思いつく。

もくじ

〈収録作〉
パノラマ島綺譚
石榴

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション(6)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ようやく手に取った念願の表題作。もう“パノラマ”とか“奇譚”など目にするだけで期待高まるばかり。序盤から死人が甦るなんて展開に惹き込まれ、壮観で耽美なユートピアに魅せられているうちに、いつのまにか妖艶 ようやく手に取った念願の表題作。もう“パノラマ”とか“奇譚”など目にするだけで期待高まるばかり。序盤から死人が甦るなんて展開に惹き込まれ、壮観で耽美なユートピアに魅せられているうちに、いつのまにか妖艶そして変態な世界に酔い惑わされている…そして最後には明智ならぬ北見小五郎が探偵役で登場と、まさに全編にわたり乱歩を味わう傑作!裸女多勢によるエロティック演出は過剰過ぎるけれど(笑)無尽蔵の富の力で作り上げた理想郷は是非とも目にしてみたいが、一方で取るにも足らぬ望みという千代子への恋だけ叶えられないのが切ない… …続きを読む
    nobby
    2018年10月19日
    135人がナイス!しています
  • 最近第5弾まで読了した娘が「めっちゃ怖い、気持ち悪い、乱歩やばい」と言いながら、何度も何度も読み返していることをまずはご報告。さすが親子。さて、母はベストセレクション第6弾。夢想や執念も、ここまでくる 最近第5弾まで読了した娘が「めっちゃ怖い、気持ち悪い、乱歩やばい」と言いながら、何度も何度も読み返していることをまずはご報告。さすが親子。さて、母はベストセレクション第6弾。夢想や執念も、ここまでくるともはや芸術の域。代表作のひとつ、壮大で幻想的な『パノラマ島綺譚』と、巧妙かつ大胆不敵な『石榴』。同じタイプのトリックを用いた作品なのに、なぜこれほど読み心地が違うのか。乱歩やばい。美しく、グロテスクな物語を心から堪能。登録できなかったけど、田島さんのカバーイラストもたまらなく好きだ。 …続きを読む
    *maru*
    2019年12月04日
    54人がナイス!しています
  • 『パノラマ島綺譚』『石榴』の二篇収録。夢のなかでのみ赦される妄想が、もしも形にできるなら。死を装い、他人に成り代わることで力を得た男が、自らの理想を具現化する物語。パノラマ島というものを、本当に無邪気 『パノラマ島綺譚』『石榴』の二篇収録。夢のなかでのみ赦される妄想が、もしも形にできるなら。死を装い、他人に成り代わることで力を得た男が、自らの理想を具現化する物語。パノラマ島というものを、本当に無邪気に、童心に帰って乱歩は描いたのだろう。延々と続く悪夢のような島の描写は、共鳴を覚えない読者にとっては確かに退屈に違いない。「でも好きな人には分かるでしょう」と乱歩が活字越しに語りかけてくるような気がした。わたしは共鳴しないけれど、彼の「好き」という感情はよく伝わった。殺人も最後のシーンも、残酷なのに美しい。 …続きを読む
    S
    2018年07月15日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品