パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション(6)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041053331

パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション(6)

  • 著者 江戸川 乱歩
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041053331

死んだ人間になりすまし、巨万の富を得た男が成し得た夢の行く先

売れないもの書きの人見は、極貧生活を送っていたのだが、日がな彼独特の理想郷を夢想していた。ある日、学生時代の同窓生、自分とうり二つの億万長者が死んだことを聞き、恐ろしい企みを思いつく。

もくじ

〈収録作〉
パノラマ島綺譚
石榴


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「パノラマ島綺譚 江戸川乱歩ベストセレクション(6)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『パノラマ島綺譚』『石榴』の二篇収録。夢のなかでのみ赦される妄想が、もしも形にできるなら。死を装い、他人に成り代わることで力を得た男が、自らの理想を具現化する物語。パノラマ島というものを、本当に無邪気 『パノラマ島綺譚』『石榴』の二篇収録。夢のなかでのみ赦される妄想が、もしも形にできるなら。死を装い、他人に成り代わることで力を得た男が、自らの理想を具現化する物語。パノラマ島というものを、本当に無邪気に、童心に帰って乱歩は描いたのだろう。延々と続く悪夢のような島の描写は、共鳴を覚えない読者にとっては確かに退屈に違いない。「でも好きな人には分かるでしょう」と乱歩が活字越しに語りかけてくるような気がした。わたしは共鳴しないけれど、彼の「好き」という感情はよく伝わった。殺人も最後のシーンも、残酷なのに美しい。 …続きを読む
    S
    2018年07月15日
    47人がナイス!しています
  • 理想郷。微かな痛みを内包した甘美な誘惑が胸をくすぐる。乱歩の想像した理想郷とは一体なんだろう。わくわくした衝動を押さえ付け読み始めたが、そこには想像以上の世界が待っていた。確かに理想郷である。だが、こ 理想郷。微かな痛みを内包した甘美な誘惑が胸をくすぐる。乱歩の想像した理想郷とは一体なんだろう。わくわくした衝動を押さえ付け読み始めたが、そこには想像以上の世界が待っていた。確かに理想郷である。だが、これは欺瞞とエゴと歪みで創造された嘘の世界。パノラマで魅せられる人工的な幻影でしかない。けれど、この膨大で驚異的な想像力と描写力には驚かされる。脳の処理速度が追い付けない程の圧倒的な情報量が襲ってくる。理想郷と地獄は紙一重である。美しく儚く艶やかな打ち上げ花火でラストを飾り、パノラマ島を永遠の理想郷に仕立てた。 …続きを読む
    美羽と花雲のハナシ
    2012年10月23日
    46人がナイス!しています
  • 順番間違えたのに気づかず読了。乱歩の独特の世界観が炸裂。解説に書かれていた、ポーの「アルンハイムの領地」「ランダーの屋敷」が念頭にあったと書かれていてそちらも是非読んでみたい。 順番間違えたのに気づかず読了。乱歩の独特の世界観が炸裂。解説に書かれていた、ポーの「アルンハイムの領地」「ランダーの屋敷」が念頭にあったと書かれていてそちらも是非読んでみたい。
    箕田 悠
    2014年06月07日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品