たんば色の覚書 私たちの日常

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043417131

たんば色の覚書 私たちの日常

  • 著者 辺見 庸
  • イラスト 西方 久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784043417131

私の痛みから、他者の痛みへ――3.11からの日常を生きるヒント

私たちは今、他者の痛みにまで届く想像力の射程をもちえているだろうか――?「私」という単独者の絶望と痛みをすべての基点におき、みずからを閉ざすことなく他者と繋がる手がかりを模索する。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「たんば色の覚書 私たちの日常」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 群れずに淡々と社会のすさみを言語化する。自分にも向ける厳しい眼差し。目障りなものを排除せず深く潜り目を凝らす。世界の有り様に心を痛めても、単独者として他人に対して開いている。愛と孤独、私のテーマであり 群れずに淡々と社会のすさみを言語化する。自分にも向ける厳しい眼差し。目障りなものを排除せず深く潜り目を凝らす。世界の有り様に心を痛めても、単独者として他人に対して開いている。愛と孤独、私のテーマであり理想。辺見庸がいるだけで、もう少し生きていようと思える。『もの食う人びと』が一番有名だけど、私の好きな辺見庸がぎゅっと詰まってるのはこの本。特に「私の痛さが遠い他者の痛さにめげずに近づこうとするとき、おそらく想像力の射程だけが異なった痛みに架橋していくただひとつのよすがなのである」という一文が好き! …続きを読む
    ミサ
    2021年05月14日
    7人がナイス!しています
  •  著者は書く。「人を人とも思わない酷薄無情な色は、騒々しい赤でも、黒でも、猥雑な黃でもなく、沈着冷静な青ではないか。この清冽な青こそが人を正気で殺す色ではないか」と、青色にかけて、我々の日常に潜む他者  著者は書く。「人を人とも思わない酷薄無情な色は、騒々しい赤でも、黒でも、猥雑な黃でもなく、沈着冷静な青ではないか。この清冽な青こそが人を正気で殺す色ではないか」と、青色にかけて、我々の日常に潜む他者の痛みを想像し得ない社会、個人の無意識の風景を書く。「私たちはいま、他者の痛みにまで届く想像力の射程をもちえているでしょうか。」という著者の言葉が胸を打つ。 …続きを読む
    きんちゃん
    2014年02月26日
    5人がナイス!しています
  • 明日会社が出勤か休みなのかわからない、心の不安定な状態で読んだ本(結局朝の4時に出社する旨のメールが来た)。そんな事はどうでもいい。この本は日本の死刑制度について論じている。皆さんご存知だろうが、日本 明日会社が出勤か休みなのかわからない、心の不安定な状態で読んだ本(結局朝の4時に出社する旨のメールが来た)。そんな事はどうでもいい。この本は日本の死刑制度について論じている。皆さんご存知だろうが、日本では当日になって死刑執行が言い渡される。死刑囚はいつ行われるかわからない死刑に怯えながら、暮らしている。その心境はいかに。おそらく想像を絶するものなのだろう。だが僕らはそんな事に想いを馳せる事なく生きている。日常は既に狂っているのだ。当たり前は当たり前では無いということを著者にはいつも気付かされる。 …続きを読む
    クッシー
    2021年11月04日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品