試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044085032

四国遍路の寺 上

  • 著者 五来 重
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044085032

弘法大師も記憶力を増大させた霊場。遍路に古代民族の宗教を明かす。

弘法大師はなぜ修行の場として四国を選んだのか。山岳宗教以前にあった古代海洋宗教の霊場、海と陸の境を行き、岬で火を焚いた遍路修行。その本来の意味や歴史を明らかにし、古代日本人の宗教の原点に迫る。

メディアミックス情報

NEWS

「四国遍路の寺 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宮田珠己著「だいたい四国八十八ヶ所」に引用されていた本で、四国遍路に関するガイドブックとして興味深く読み進めた。宮田氏がこんな真面目な本を参考に、あんな緩いエッセイを上梓したギャップが改めて面白い。閑 宮田珠己著「だいたい四国八十八ヶ所」に引用されていた本で、四国遍路に関するガイドブックとして興味深く読み進めた。宮田氏がこんな真面目な本を参考に、あんな緩いエッセイを上梓したギャップが改めて面白い。閑話休題。著者は、四国遍路は海洋信仰から端を発したもので、奥の院に参ってこそ、その真価が理解できると書いている。確かにその説は首肯できて、岩場・鎖場を歩くのも楽しそうだ。その反面、スタンプラリー的に楽しむ遍路もアリなのだという思いも捨てられない。自分だったら、車遍路で御朱印も頂かなかったりしてしまうかも…… …続きを読む
    saga
    2014年05月08日
    21人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 四国遍路とは何なのか。八十八ヵ所をまわって(車でだけど)改めて考えてみたくて読んでみた。遍路(辺路)が海のかなたの常世や神を信仰していた古代日本の「海洋宗教」からきているという説にとてもビ ★★★★☆ 四国遍路とは何なのか。八十八ヵ所をまわって(車でだけど)改めて考えてみたくて読んでみた。遍路(辺路)が海のかなたの常世や神を信仰していた古代日本の「海洋宗教」からきているという説にとてもビックリ!山の中のお寺が多かった印象があるので四国遍路の札所は海となんらか関係を持っているだなんてまったく考えもつかなかったです。うん、思いっきり目からウロコが落ちた感じ( ゜o゜)でもとても新鮮な気分(^^)そんな気分のまま下巻へgo! …続きを読む
    秋乃みかく
    2015年06月22日
    3人がナイス!しています
  • 二ヶ月間の歩き遍路を終えた後に拝読。遍路は弘法大師以前、辺路修行がルーツとか、各霊場は海の見える奥の院が発祥とか、非常に納得できる、目からうろこが落ちる点が多かった。また遍路に出る事があったら、今度は 二ヶ月間の歩き遍路を終えた後に拝読。遍路は弘法大師以前、辺路修行がルーツとか、各霊場は海の見える奥の院が発祥とか、非常に納得できる、目からうろこが落ちる点が多かった。また遍路に出る事があったら、今度は奥の院までしっかり周ってみたいと思う。 …続きを読む
    きむら
    2011年07月15日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品