怪談熱

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年02月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048739252
ニコカド祭り2020

怪談熱

  • 著者 福澤 徹三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年02月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048739252

実話怪談の中には、聞いてはならない話があるという……。

実話怪談作家が遭遇する執筆中の激しい悪寒と熱。特定の話だけがこの怪現象を引き起こすようだが…。実話怪談の先に開く真の恐怖のとば口を描く表題作の他、誰の身にも起こりうる怖い怪異を集めた本格怪談短編集!

メディアミックス情報

NEWS

「怪談熱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 怪談短編集。実話怪談作家が執筆中に金縛りや家鳴りにあい高熱を出すと言ういかにもな話やミステリーなど色々な怖さのある作品。「ドラキュラの家」「再会」「最後の礼拝」が面白かったけど、ひょっとしたら実際どこ 怪談短編集。実話怪談作家が執筆中に金縛りや家鳴りにあい高熱を出すと言ういかにもな話やミステリーなど色々な怖さのある作品。「ドラキュラの家」「再会」「最後の礼拝」が面白かったけど、ひょっとしたら実際どこかにありそうな「猿島」が一番リアルで怖い。気軽に海外旅行なんて行けそうにない。 …続きを読む
    うさっち
    2015年04月03日
    22人がナイス!しています
  • 9話からなら短編集。霊のせいか気のせいか悪夢の中でもがくような話や、遠い昔の不思議な話、突然犯罪者にされる恐怖、見知らぬ海外での予期せぬトラブル、怖い話って幽霊だけでなくそこかしこに存在するものだと再 9話からなら短編集。霊のせいか気のせいか悪夢の中でもがくような話や、遠い昔の不思議な話、突然犯罪者にされる恐怖、見知らぬ海外での予期せぬトラブル、怖い話って幽霊だけでなくそこかしこに存在するものだと再認識させられます。ジワジワ恐怖に包まれて精神的に寒々としたラスト…◎。ご馳走様でした。 …続きを読む
    HITOMI
    2016年05月17日
    9人がナイス!しています
  • 夏の蟲、再会、最後の礼拝が面白かった!狂人と幽霊、集団心理、変なルールと色々な恐怖があった。結局は人間が1番怖いって事か…怪談熱は著者の体験だったら、毎回怪談書いたり集めたりするのは命懸けなんですね。 夏の蟲、再会、最後の礼拝が面白かった!狂人と幽霊、集団心理、変なルールと色々な恐怖があった。結局は人間が1番怖いって事か…怪談熱は著者の体験だったら、毎回怪談書いたり集めたりするのは命懸けなんですね。福澤さんの無事を祈りつつ、これからも怪談で読者の私たちを命懸けで楽しませて下さい( ;∀;) …続きを読む
    ひゆ
    2019年01月29日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品