試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043834075

怪談熱

  • 著者 福澤 徹三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043834075

この世には、聞いてはならない話がある……。

怪談会で聞いてはいけない話を聞いてしまった末に……背筋も凍る表題作の他、過去を隠しセレブ妻におさまった女が昔の同僚との再会を機に想像を絶する恐怖に見舞われる「再会」など9編を収めた短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談熱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラー短編集。陰鬱な空気を味わうものから少年時代のノスタルジックなもの、筒井康隆を思わせる不条理なものまで幅広く収録されている。印象に残ったのはひたすら不条理に苛まれる「猿島」だけど、熱に浮かされたよ ホラー短編集。陰鬱な空気を味わうものから少年時代のノスタルジックなもの、筒井康隆を思わせる不条理なものまで幅広く収録されている。印象に残ったのはひたすら不条理に苛まれる「猿島」だけど、熱に浮かされたような文体で語られる表題作や生活に追い詰められた様子が息苦しい「ブラックアウト」の鬱々とした雰囲気も嫌いじゃない。特に「ブラックアウト」の生活がどうしようもないのに、そこからさらに追い詰められていく様は後年の社会的な作品を思わせる。著者の怪談以外の小説もいいが、こういう形が一番引き出しの多さを表していると思う。 …続きを読む
    HANA
    2018年12月02日
    55人がナイス!しています
  • 怪談にサラリとミステリーテイストが加味され、怖さを感じつつも面白いと思わされる。福澤先生の怪談本好きだわー。 怪談にサラリとミステリーテイストが加味され、怖さを感じつつも面白いと思わされる。福澤先生の怪談本好きだわー。
    ヒロくま
    2018年02月01日
    24人がナイス!しています
  • 姉宅から期待せずに持ち帰った本だけど、これがなかなか面白かった。怪談話よりも実際に起こりそうな怖い話が印象深い。例えば海外旅行に行った先で冤罪で逮捕される恐怖。言葉も文化も違う国でどうやって身の潔白を 姉宅から期待せずに持ち帰った本だけど、これがなかなか面白かった。怪談話よりも実際に起こりそうな怖い話が印象深い。例えば海外旅行に行った先で冤罪で逮捕される恐怖。言葉も文化も違う国でどうやって身の潔白を証明するのか。また、ひとり山道で迷子になった恐怖。仕事の都合でどうしても今日中に会社に戻らないといけないが、歩けど歩けど森から出られない。など、どれもホラー要素と人間の怖さを上手くミックスしたような短編集だ。福澤さんは「東京難民」や「壊れるもの」のような社会問題に触れる作品もあり、地味ながらも気になる作家だ。 …続きを読む
    チャメ
    2014年12月09日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品