1997年 第43回 文藝春秋漫画賞

角川文庫

ぼくんち 下

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
80
ISBN:
9784043543120
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

1997年 第43回 文藝春秋漫画賞

角川文庫

ぼくんち 下

  • 著者 西原 理恵子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
80
ISBN:
9784043543120

サイバラワールドの神髄、ついに文庫化!

ぼくのすんでいるところは山と海しかない しずかな町で、端に行くとどんどん貧乏になる。そのいちばんはしっこがぼくの家だ――恵まれてはいない人々の心温まる家族の絆を描く、西原ワールドの真髄。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくんち 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • どうしておねえちゃんは、二太を手放すことにしたのかな。続編があるなら、みんながもう少し幸せになっていて欲しいと思った。 どうしておねえちゃんは、二太を手放すことにしたのかな。続編があるなら、みんながもう少し幸せになっていて欲しいと思った。
    ケイ
    2015年02月16日
    55人がナイス!しています
  • 二太の笑顔に胸が締めつけられた。今は多くを語る気になれないけど、読んでよかった。 二太の笑顔に胸が締めつけられた。今は多くを語る気になれないけど、読んでよかった。
    九鳥
    2009年05月01日
    13人がナイス!しています
  • ラストに向かって畳み掛けられるエピソードに苦しさが募り、最後のコマで涙腺決壊。あとは祈るだけ。 ラストに向かって畳み掛けられるエピソードに苦しさが募り、最後のコマで涙腺決壊。あとは祈るだけ。
    タリコ
    2009年04月26日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品