ぼくんち 中

1997年 第43回 文藝春秋漫画賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
80
ISBN:
9784043543113

1997年 第43回 文藝春秋漫画賞

ぼくんち 中

  • 著者 西原 理恵子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
80
ISBN:
9784043543113

文藝春秋漫画賞を受賞した名作、待望の文庫化!

ぼくのすんでいるところは山と海しかない しずかな町で、端に行くとどんどん貧乏になる。そのいちばんはしっこがぼくの家だ――恵まれてはいない人々の心温まる家族の絆を描く、西原ワールドの真髄。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくんち 中」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • たとえ漫画の中でも、暴力を見るのはつらい。特に、登場人物に気持ちが入っている時はこちらも痛い気持ちになる。作者の言いたいことはわかるが、読むのがだんだんつらくなってきた。あんな町に住んで、あんなお母さ たとえ漫画の中でも、暴力を見るのはつらい。特に、登場人物に気持ちが入っている時はこちらも痛い気持ちになる。作者の言いたいことはわかるが、読むのがだんだんつらくなってきた。あんな町に住んで、あんなお母さんに育てられたおねえちゃんだけ、なぜそんなに優しいのだろう。下巻ではもう少しみんなが幸せになれるといいな。 …続きを読む
    ケイ
    2015年02月16日
    64人がナイス!しています
  • 女の子は強いけど弱いんだ。「人は一人では生きられない。」普段忘れてるけど本当にそうだ。 女の子は強いけど弱いんだ。「人は一人では生きられない。」普段忘れてるけど本当にそうだ。
    九鳥
    2009年05月01日
    12人がナイス!しています
  • からだの事を考えて、西原漫画は一日一冊にしようと決めている。でも次々と読ませる力や中毒性がありますね、この人の本は。所々にまうさんやすえいさんがいたり、たぬの看板があったりと、小ネタが。まだ最後まで読 からだの事を考えて、西原漫画は一日一冊にしようと決めている。でも次々と読ませる力や中毒性がありますね、この人の本は。所々にまうさんやすえいさんがいたり、たぬの看板があったりと、小ネタが。まだ最後まで読んでいないものの、このキャラクター、絵でイメージができてしまっているので、映画は観ないだろうな…。 …続きを読む
    夜兎
    2015年10月17日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品