一千一秒の日々

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043885022

一千一秒の日々

  • 著者 島本 理生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043885022

風光る朝、私は大好きな恋人を見送る--

仲良しのまま破局してしまった真琴と哲、メタボな針谷にちょっかいを出す美少女の一紗、誰にも言えない思いを抱きしめる瑛子――。不器用な彼らの、愛おしいラブストーリー集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「一千一秒の日々」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大好きな島本理生さんの恋愛連作短編集*とても切なく温かいお話が瑞々しく優しい言葉で綴られる。島本さんの作品を読むのは5作目。日常のふとした瞬間を丁寧に繊細に描かれていて、登場人物達の言えない想い、切な 大好きな島本理生さんの恋愛連作短編集*とても切なく温かいお話が瑞々しく優しい言葉で綴られる。島本さんの作品を読むのは5作目。日常のふとした瞬間を丁寧に繊細に描かれていて、登場人物達の言えない想い、切ない気持ちに胸が熱くなり、皆が愛おしくなりました*各章のタイトルも素敵✩。⋆全てのお話が良かったですが特にお気に入りは「風光る」「七月の通り雨」「青い夜、緑のフェンス」「新しい旅の終わりに」。やっぱり島本理生さんの作品大好き♡*°忘れられない大切な一千一秒の時間。切なく美しく温かい物語♥︎∗*゚お気に入り✲*゚ …続きを読む
    ❁かな❁
    2016年06月12日
    209人がナイス!しています
  • さざ波のような連作集だった。主人公を変えながら少しずつの関りが「あっ、あの人か」と読むものに小さな喜びもくれる恋愛小説集。とは言え、登場する若い彼らに思いのほか色がなく淡々とした群像劇を観ているような さざ波のような連作集だった。主人公を変えながら少しずつの関りが「あっ、あの人か」と読むものに小さな喜びもくれる恋愛小説集。とは言え、登場する若い彼らに思いのほか色がなく淡々とした群像劇を観ているような印象。決して嫌いではないが、感想を求められると困る。あぁ、それは自分がこんな世界から遠ざかって久しいからかもしれない……と気づく。ヒリヒリとした毎日も、好きな人を想って悶えるような日々も遥か彼方。ここで描かれる者たちと同年代の感想を知りたいなぁ。 …続きを読む
    chimako
    2016年08月30日
    94人がナイス!しています
  • 「風光る」「七月の通り雨」「青い夜、緑のフェンス」「夏の終わる部屋」「屋根裏から海へ」「新しい旅の終わりに」「夏めく日」連作短編集。すっかり島本さんにはまってしまいました。面白く読みました。誰かを好き 「風光る」「七月の通り雨」「青い夜、緑のフェンス」「夏の終わる部屋」「屋根裏から海へ」「新しい旅の終わりに」「夏めく日」連作短編集。すっかり島本さんにはまってしまいました。面白く読みました。誰かを好きになること、好きだった人と別れること、うまくいかなくて傷ついたり、迷ったり、時には慰めあったり。恋愛って最も濃密な人間関係だと思う。そこで繰り広げられる人間模様はとてもドラマチックで、見る人は泣いたり、笑ったり、切なくなったり、感動するんだと思います。恋愛って奥が深いですね。 …続きを読む
    蓮子
    2015年09月15日
    92人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品