エッジ 上

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年12月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048739122

エッジ 上

  • 著者 鈴木 光司
  • 装丁 高柳 雅人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年12月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048739122

人が消えてゆく……何の痕跡も残さずに。

冴子は、18年前に行方不明になった父への想いを抱えながら、全世界で相次ぐ失踪事件の謎を追う。この謎を解けば、父に会えるかもしれない。調べていくうちに、恐るべき事態が進行しつつあることに気づくが……


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「エッジ 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 鈴木光司の不幸は、『リング』シリーズが歪んだ形で世間に認知されてしまったことだ。『リング』は心霊的なホラーと思わせながら、実はそうではないことが続編『らせん』によって明かされるが、世間としては映画版の 鈴木光司の不幸は、『リング』シリーズが歪んだ形で世間に認知されてしまったことだ。『リング』は心霊的なホラーと思わせながら、実はそうではないことが続編『らせん』によって明かされるが、世間としては映画版の影響もあって、『リング』と言えば貞子という霊と直結されてしまっている(事実、霊的要素を求める観客(読者)の期待に応えるべく、映画『リング2』を製作するにあたって、映画版『らせん』はなかったものにされてしまった)。(つづく) …続きを読む
    ぐうぐう
    2016年04月26日
    24人がナイス!しています
  • これは、流水大説か?風呂敷の広げ方が半端ないぞ。「リング」のイメージで読んでいると、思わぬ形で足もとすくわれます。面白いか面白くないかでいえば、十分面白いです。  ★★★☆☆ これは、流水大説か?風呂敷の広げ方が半端ないぞ。「リング」のイメージで読んでいると、思わぬ形で足もとすくわれます。面白いか面白くないかでいえば、十分面白いです。  ★★★☆☆
    PSV
    2012年05月13日
    24人がナイス!しています
  • 「人類はこれまでに一度も崩れたことのない橋を渡っているに過ぎない」人間の失踪、天体の消滅、円周率の異常。徐々に綻び出す世界から、宇宙の根幹の不安定さ、その恐怖と未知、探求を描く大作。上巻だけで既に圧倒 「人類はこれまでに一度も崩れたことのない橋を渡っているに過ぎない」人間の失踪、天体の消滅、円周率の異常。徐々に綻び出す世界から、宇宙の根幹の不安定さ、その恐怖と未知、探求を描く大作。上巻だけで既に圧倒されてしまう。著者が丹念に調べ上げた上で書きあげられていることがわかる内容だ。ミステリー、ホラー、SFと様々な要素が織り込まれた上で、読者を不安の渦へと誘う。揺らぐ世界と次々に浮かび上がる謎に、この先いったい何が待ち受けているのか。下巻へ …続きを読む
    東京湾
    2017年07月05日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品