粘膜人間

第15回 日本ホラー小説大賞 長編賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043913015

第15回 日本ホラー小説大賞 長編賞

粘膜人間

  • 著者 飴村 行
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043913015

ホラー大賞選考会史上、もっとも物議を醸した衝撃の問題作!

異形な巨体を持つ小学生の弟に脅える、長兄の利一と次兄の祐二。弟の殺害を計画した二人は、村のはずれに棲む〈ある男たち〉に依頼した……第15回日本ホラー小説大賞長編賞を受賞した衝撃の問題作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「粘膜人間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • おもしれぇ、クソ漏れるぐれぇおもしれぇ! 徹底的に嫌悪感と不快感を催させるキャラクターたちに、エログロバイオレンスの嵐。しかも物語は尻切れトンボで終わると来る。しかしなにがおもしろいかと言えば、そもそ おもしれぇ、クソ漏れるぐれぇおもしれぇ! 徹底的に嫌悪感と不快感を催させるキャラクターたちに、エログロバイオレンスの嵐。しかも物語は尻切れトンボで終わると来る。しかしなにがおもしろいかと言えば、そもそもの兄弟の計画が狂い始めたことによる「このあとどうなるんだろう?」という展開を定期的に入れることによる惹きの強さと、言葉の選び方のセンス。個人的には「女の股ぐら泉にマラボウを入れてソクソクする」グッチャネあたりのセンスは脱帽ものだった。 …続きを読む
    徒花
    2018年01月22日
    304人がナイス!しています
  • ホラーというより、グロテスクというより、終始感じていたのは『キモッ』でした。「雷太を殺そう」から始まるストーリー、荒唐無稽で奇天烈なのに、妙に世界に入り込む。雷太は11才で身長195センチ、兄や父親か ホラーというより、グロテスクというより、終始感じていたのは『キモッ』でした。「雷太を殺そう」から始まるストーリー、荒唐無稽で奇天烈なのに、妙に世界に入り込む。雷太は11才で身長195センチ、兄や父親からも恐れられる乱暴者。弟殺害を目論むもとても勝てそうにない。兄達は村外れの河童兄弟に頼み込む。見返りに求められたのは人間の少女。主な登場人物は以上。兄達、少女、河童それぞれの視点で章が重なる。スピーディーに読ませるが、個人的には女性にはお薦めしたくない!描写の気持ち悪さが、なんかねぇ、とっても不快なの‼️🙇 …続きを読む
    三代目 びあだいまおう
    2020年09月12日
    284人がナイス!しています
  • この物語はギャーッと言うより、ヒーッとなるね。そして、腹立たしいが怖いけど意外に一気に読み進む。そして、腹立たしいがグッチャネが頭に残る。読み終えて、着地点はどこよ!とツッコミたくなります。長編という この物語はギャーッと言うより、ヒーッとなるね。そして、腹立たしいが怖いけど意外に一気に読み進む。そして、腹立たしいがグッチャネが頭に残る。読み終えて、着地点はどこよ!とツッコミたくなります。長編というよりは、連作短編な感じ。リアルな世界だと読むのが、しんどかったと思いますが、昭和初期テイストの異世界な感じだから、それなりに読めました。それでも、やっぱりホラー、グロい、エグいは苦手だな。 …続きを読む
    しんごろ
    2018年09月15日
    215人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品