試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043913022

粘膜蜥蜴

  • 著者 飴村 行
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784043913022

『粘膜人間』を超えた世紀の問題作!

東南アジアの密林に棲息するという爬虫人〈ヘルビノ〉とは? 戦時中の日本で起こる未曾有の凄惨な事件の数々。第63回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編部門)を受賞した、驚異のミステリ・ホラー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「粘膜蜥蜴」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • グロいと言えばグロいけど、軽い感じのグロさだったかな。雪麻呂の傍若無人ぶりが、とにかく腹立たしい!このまま、とんでもない大人にならなかったのが、少しは救われたかな。富蔵、かわいい奴だと思ったんだけど… グロいと言えばグロいけど、軽い感じのグロさだったかな。雪麻呂の傍若無人ぶりが、とにかく腹立たしい!このまま、とんでもない大人にならなかったのが、少しは救われたかな。富蔵、かわいい奴だと思ったんだけど…。ラストでどん引き。アサのオツトメにつきあうなよとなっちゃったよ。めちゃくちゃな話だったけど、伏線の回収はお見事でした。でも軽い感じでもグロいのは嫌ですね。 …続きを読む
    しんごろ
    2018年10月27日
    173人がナイス!しています
  • おもしろい……けど、荒々しさと言うか、強烈なインパクトという意味ではどうしても前作『粘膜人間』に劣ってしまうかな。今回はカッパは出てこず、架空の東南アジアの国と、そこに生きるトカゲ人間が登場する。現実 おもしろい……けど、荒々しさと言うか、強烈なインパクトという意味ではどうしても前作『粘膜人間』に劣ってしまうかな。今回はカッパは出てこず、架空の東南アジアの国と、そこに生きるトカゲ人間が登場する。現実と架空の混在具合がお見事。全体の物語としてはかなり練られていて、最後の最後で「なるほど、そうきたか!」展開になっている。エログロ要素も満載で、ちょいちょい挟まれるギャグがひたすらシュールな世界観を形成していて、読む人を選ぶものの、傑作であることは間違いない。 …続きを読む
    徒花
    2020年05月05日
    141人がナイス!しています
  • スプラッタでホラーで、そしてユーモアもある。 もちろんエログロのオンパレードはシリーズのお約束。途中笑わせながらもギャーッと言わせる。登場人物が脈絡なく取り出すもの。そんなものがあったらこんな話になり スプラッタでホラーで、そしてユーモアもある。 もちろんエログロのオンパレードはシリーズのお約束。途中笑わせながらもギャーッと言わせる。登場人物が脈絡なく取り出すもの。そんなものがあったらこんな話になりそうだな。やだな。と思うとよぎった事がその通りに。 粘膜シリーズ?では、-人間、-蜥蜴、-兄弟の3作で一番好き。何かホロっとさせ温かい。変わり果て、行きつくところまで堕ちてしまってから愛に気づく。 ★閲覧注意★ …続きを読む
    absinthe
    2015年08月05日
    135人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品