河童・戯作三昧

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041033166

河童・戯作三昧

  • 著者 芥川 龍之介
  • カバーイラスト 天野 喜孝
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041033166

奇妙な「河童」の世界。昭和初期の風刺が、現代日本を予言する!

芥川が自ら命を絶った年に発表され、痛烈な自虐と人間社会への風刺である「河童」、江戸の戯作者に自己を投影した「戯作三昧」の表題作他、「或日の大石内蔵之助」「開化の殺人」など著名作品計10編を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「河童・戯作三昧」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私にとって芥川とは「学校で読まされて」「感想文書かされる」ものだった。「教科書に載るような人」なので強く正しいのに違いないと。それがこの「河童」ではどうだ。生まれてきたくはないと言い、言葉によって病ん 私にとって芥川とは「学校で読まされて」「感想文書かされる」ものだった。「教科書に載るような人」なので強く正しいのに違いないと。それがこの「河童」ではどうだ。生まれてきたくはないと言い、言葉によって病んで死んでしまうほど繊細でか弱いではないか。河童の世界にいても自らの世界へ戻っても結局居所は無く、河童の世界へ「帰りたい」と思う。そこまで病んでいる精神を、芥川はなぜ描いたのか。それは彼もまた病んでいたからであり生きることに絶望していたからかもしれない。 …続きを読む
    朱音
    2009年07月24日
    20人がナイス!しています
  • なんと言うか、初読のときは余り何も感じなかったのですが「或日の大石蔵之助」「戯作三昧」「開化の殺人」「開化の良人」「大導寺信輔の半生」「玄鶴山房」「蜃気楼」「河童」この編集が、まァ、巧みですよね。芥川 なんと言うか、初読のときは余り何も感じなかったのですが「或日の大石蔵之助」「戯作三昧」「開化の殺人」「開化の良人」「大導寺信輔の半生」「玄鶴山房」「蜃気楼」「河童」この編集が、まァ、巧みですよね。芥川龍之介自身を読んでるような錯覚が起こるのは私の思い違いかとも思いましたが解説読んで当たらずも遠からずで、流れで読むと「河童」苦痛です。蔵之助の虚しさと、馬琴の情熱と蜃気楼の曖昧さと河童の滑稽さ。しかし「戯作三昧」はよい。最後の孫との会話が凄くいい。身につまされる感じです。 …続きを読む
    矢代
    2015年04月01日
    7人がナイス!しています
  • 精神病院入院中の男がかつて迷込んだという河童集落での生活を回想する「河童」他。母乳と富に恵まれなかった少年は終始くどい程の怨み節、看護婦は家庭崩壊を愉しむべく小さな一手間を惜しまず、自己犠牲精神を掲げ 精神病院入院中の男がかつて迷込んだという河童集落での生活を回想する「河童」他。母乳と富に恵まれなかった少年は終始くどい程の怨み節、看護婦は家庭崩壊を愉しむべく小さな一手間を惜しまず、自己犠牲精神を掲げての殺人は大敗、愛ある結婚は欺瞞を暴かれ破綻した。全体的に論理的且つ暗い。人間の暗部を殊更皮肉めいた目で綴る遣り方は正に芥川文学。表題作に関しては河童語やら独特な河童的思想など細かい部分にまで拘って構築された世界に可笑しみを感じつつその偏執性や冷笑加減に鳥肌。日常と地続きな狂気を思い物哀しくもなった。 …続きを読む
    閲覧室
    2011年05月26日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品