テンペスト 上 若夏の巻

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784048738682

テンペスト 上 若夏の巻

  • 著者 池上 永一
  • 装丁 大久保 伸子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
432
ISBN:
9784048738682

小説界をなぎ倒す嵐(テンペスト)襲来! 

美と教養と見栄と意地が溢れる珊瑚礁の五百年王国は悩んでいた。少女真鶴は憧れの王府を救おうと宦官と偽り行政官になって大活躍。しかし待ち受けていたのは島流しの刑だった――。見せ場満載、桁外れの面白さ!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「テンペスト 上 若夏の巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 琉球王朝末期の物語。琉球の歴史や知られざる文化に触れることが出来ます。孫家では科試に合格し官吏となり、首里城で立身する事を目指していた。兄が科試に挫折し家を出る。妹の真鶴は孫寧温と名を変える。寧温は科 琉球王朝末期の物語。琉球の歴史や知られざる文化に触れることが出来ます。孫家では科試に合格し官吏となり、首里城で立身する事を目指していた。兄が科試に挫折し家を出る。妹の真鶴は孫寧温と名を変える。寧温は科試に合格し首里城に入る。琉球のため、様々な改革に挑む寧温。琉球独自の琉歌が響くなか、物語は進む。後宮での女官達の権勢争い。阿片の利権に群がる人々。清国の悪魔的な宦官との争い。話言葉や表現が稚拙な感じもありますが、分かりやすい内容とも言える。琉球の地政学的なプレゼンスは今も昔も変わらない。下巻が気になります。 …続きを読む
    yoshida
    2017年07月02日
    168人がナイス!しています
  • 琉球王国を舞台とした歴史小説。女であることを隠し、宦官として王宮へ入る真鶴。容姿端麗で頭脳明晰、誰からも一目置かれる存在という、主人公の設定だけで胸焼けが起きそうになるものの、ほとんど触れたことのない 琉球王国を舞台とした歴史小説。女であることを隠し、宦官として王宮へ入る真鶴。容姿端麗で頭脳明晰、誰からも一目置かれる存在という、主人公の設定だけで胸焼けが起きそうになるものの、ほとんど触れたことのない琉球王国の歴史的な背景には興味が引かれる。日本と中国を折衷したような、しかし琉球として独自に発展した文化が節々に散りばめられており、ファンタジーのような読み心地。琉球の未来を救うため、真鶴の次なる行動から目が離せない。下巻へ続く。 …続きを読む
    S
    2017年09月23日
    52人がナイス!しています
  • “「神童だ」「孔子の生まれ変わりだ」「いや諸葛孔明だ」と口々に驚き、〜「…でも、女子ではないか」” 首里天加那志、聞得大君、あごむしられ、その他多数の地位や名前が、さすが琉球、難しい。うっかりNHKの “「神童だ」「孔子の生まれ変わりだ」「いや諸葛孔明だ」と口々に驚き、〜「…でも、女子ではないか」” 首里天加那志、聞得大君、あごむしられ、その他多数の地位や名前が、さすが琉球、難しい。うっかりNHKのドラマ(終盤のみだけど)を見たおかげでするすると入ってきて助かった。大いなる志のためとはいえ、偽りを抱えて生きることは大層な辛さである。大切に想う人をも欺かねばならない。学びたい、国を護りたい、けれど、抑えても抑えきれない女ごころ。それはないない!とツッコミどころ満載だけど、ファンタジーゆえ、ありありなのだ。 …続きを読む
    よこたん
    2020年12月19日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

池上 永一(いけがみ・えいいち)

1970年、沖縄県那覇市生まれ、のち石垣島へ。94年、早稲田大学在学中に『バガージマヌパナス』で第6回日本ファンタジーノベル大賞を受賞。2005年刊行の『シャングリ・ラ』はテレビアニメ化、08年刊行の『テンペスト』は舞台・映画化と大きな話題を集め、累計120万部突破の大ベストセラーとなる。

最近チェックした商品