桜庭一樹 ~物語る少女と野獣~

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年07月31日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784048738750

桜庭一樹 ~物語る少女と野獣~

  • 著者 桜庭 一樹
  • ブックデザイン 高柳 雅人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年07月31日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784048738750

直木賞作家・桜庭一樹のすべてがここに!

彗星のごとく現れ、眼の眩むような輝きで文芸界を席巻する作家・桜庭一樹。新作書き下ろし「ライティング」から書評集、重松清によるロングインタヴュー、直木賞ライヴまでを網羅した必携版!!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「桜庭一樹 ~物語る少女と野獣~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読メで知って即Amazonで購入。書き下ろし小説、写真、対談、道尾・万城目さん達からの質問、直木賞ノミネートから受賞後までの様子、自作品への解説、中2のとき書いた小説、担当編集者座談会、桜庭さんが書い 読メで知って即Amazonで購入。書き下ろし小説、写真、対談、道尾・万城目さん達からの質問、直木賞ノミネートから受賞後までの様子、自作品への解説、中2のとき書いた小説、担当編集者座談会、桜庭さんが書いた文庫解説、桜庭ワールド用語集等々が詰め込まれた桜庭ファンにはサービス満点のムック。編集者との関係や作品が生み出された背景なども知ることもでき、さらに桜庭作品を読みたくなるのは請け合いだ。また、直木賞作家という肩書きの大きさも知ることができた。他の作家の皆さんもファンのため、このようなムックを出してほしい。 …続きを読む
    hiro
    2011年10月30日
    67人がナイス!しています
  • もうこういう版型のムック本って出ないんだろうなぁ〜。これを買った後に東野圭吾版も見つけたけど、桜庭一樹だから即買いしたのです←8年前の刊行。2008年辺りまでの桜庭作品、直木賞受賞時のこと、作家との対 もうこういう版型のムック本って出ないんだろうなぁ〜。これを買った後に東野圭吾版も見つけたけど、桜庭一樹だから即買いしたのです←8年前の刊行。2008年辺りまでの桜庭作品、直木賞受賞時のこと、作家との対談や、未収録短編、果には桜庭一樹中学生時代の作品まで載る始末←中学生小説…面白かった…(笑)ネーミングセンス変わってない…w解説集を読んでて、小林秀雄と同じこと言ってるなぁとふと思ってしまった。最近読んだものとリンクするのって嬉しい。後天性の作家の神様に憑かれた「天才」桜庭一樹、興味深いです。面白かった。 …続きを読む
    りあ
    2016年11月16日
    37人がナイス!しています
  • うーん、謎。桜庭一樹とゆう人物は、知れば知るほど謎。だからこそあの独特な世界観が作り出せるのかもしれないけれど。短編の「ゴージャス」と「ぼくの代わりに歌ってくれ」が切なくてしんみり。切ないの大好き。そ うーん、謎。桜庭一樹とゆう人物は、知れば知るほど謎。だからこそあの独特な世界観が作り出せるのかもしれないけれど。短編の「ゴージャス」と「ぼくの代わりに歌ってくれ」が切なくてしんみり。切ないの大好き。それに比べて「ブルマー三部作」はハチャメチャ過ぎる(笑) …続きを読む
    神城冥†
    2016年01月11日
    27人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

桜庭 一樹(さくらば・かずき)

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受ける。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。『GOSICK-ゴシック-』シリーズは人気を博し、長篇8巻短篇集4巻が刊行、アニメ化された。続刊として『GOSICK RED』『GOSICK BLUE』『GOSICK PINK』も刊行中。他の著書に『道徳という名の少年』『推定少女』『赤×ピンク』『ほんとうの花を見せにきた』『このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集』『少女七竈と七人の可愛そうな大人』『無花果とムーン』など。

最近チェックした商品