竹取物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041303252

竹取物語

  • 訳者 星 新一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041303252

日本最古の物語が、SF界の名手の訳で現代によみがえる

絶世の美女に成長したかぐや姫と、5人のやんごとない男たち。日本最古のみごとな求愛ドラマを名手がいきいきと現代語訳。男女の恋の駆け引き、月世界への夢と憧れなど、人類普遍のテーマが現代によみがえる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「竹取物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。私の持っているバージョンは、沢口靖子がかぐや姫に扮している映画スチールが表紙でこれも時代性ですな。もともとのお話がけっこう面白いのと、星新一の訳文のぼわーんとした掴み所の無さが良い感じ。所々、シ 再読。私の持っているバージョンは、沢口靖子がかぐや姫に扮している映画スチールが表紙でこれも時代性ですな。もともとのお話がけっこう面白いのと、星新一の訳文のぼわーんとした掴み所の無さが良い感じ。所々、シニカルに思えるのは訳の効果。和歌のやりとりも皮肉めいていて味わいがある。月の虚無的なイメージはジブリ映画の解釈なだけじゃなくて、原文にもともとあったんだ。 …続きを読む
    海猫
    2015年05月14日
    169人がナイス!しています
  • 読友さんの感想から、星新一氏の手になる竹取物語の現代語訳があると知り、興味を持った。森見登美彦氏の現代語訳も面白く読んだが、錚々たるメンバーの中でぎこちなさが無きにしも非ず。一方、さすが星新一、正しく 読友さんの感想から、星新一氏の手になる竹取物語の現代語訳があると知り、興味を持った。森見登美彦氏の現代語訳も面白く読んだが、錚々たるメンバーの中でぎこちなさが無きにしも非ず。一方、さすが星新一、正しく訳しながら、堂々と自分の解釈を間に挟む。彼の分析と突っ込みがごもっともなことばかり。解説も勉強になった。そう、星氏は東大理系だったわと納得。科学的で論理的な分析と文章。無駄な語がない。下手に情緒に流されない。中秋の名月の頃は、満月前後の月の出方が日毎にそれほど差がないとは。愛でられるのにも理由がある …続きを読む
    ケイ
    2017年10月27日
    162人がナイス!しています
  • 日本最古の小説と言われる『竹取物語』を星新一さんが現代語に訳した物語。巻末に注釈付きの原文も収録されています。かぐや姫が涙ながらに月に帰っていくラストシーンの印象ばかり残っていましたが、読みどころは姫 日本最古の小説と言われる『竹取物語』を星新一さんが現代語に訳した物語。巻末に注釈付きの原文も収録されています。かぐや姫が涙ながらに月に帰っていくラストシーンの印象ばかり残っていましたが、読みどころは姫に求愛する5人の男たちのドラマ。断るための方便だった姫の理不尽なリクエストに対し、金の力で解決しようとする者、ルール違反を試みる者、姫の真意を悟り身を引く者、果敢な挑戦の末に命を落とす者……。天の羽衣をまとうと心がリセットされてしまうという設定は極めてSF的だなと思いました。 …続きを読む
    Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房
    2015年09月01日
    124人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品