きまぐれ星のメモ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041006023

きまぐれ星のメモ

  • 著者 星 新一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041006023

ショート・ショートの神様、頭の中を大公開!

日本にショート・ショートを定着させた星新一が、10年間に書き綴った100編余りのエッセイを収録。創作過程のこと、子供の頃の思い出――。簡潔な文章でひねりの効いた内容が語られる名エッセイ集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「きまぐれ星のメモ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 随筆集です。短いエッセイが100以上も収められていて題材は様々な感じで趣味の幅広さがうかがえます。時たまショートショートの種となったりあるいはできそうな感じの話があったりします。電車のなかなどで読むの 随筆集です。短いエッセイが100以上も収められていて題材は様々な感じで趣味の幅広さがうかがえます。時たまショートショートの種となったりあるいはできそうな感じの話があったりします。電車のなかなどで読むのに適していると思います。 …続きを読む
    KAZOO
    2014年11月13日
    40人がナイス!しています
  • 星新一さん、エッセイも面白いんだ!何もないところから物語を作る大変さが伝わります。常識人じゃないと、常識はずれなものは書けない!だから自分は常識人。でもエッセイを読むと、良い意味で風変わりな人だなと思 星新一さん、エッセイも面白いんだ!何もないところから物語を作る大変さが伝わります。常識人じゃないと、常識はずれなものは書けない!だから自分は常識人。でもエッセイを読むと、良い意味で風変わりな人だなと思います。今でも古さを感じさせない、魅力的な人です。 …続きを読む
    トムトム
    2020年06月24日
    23人がナイス!しています
  • 星新一の頭の中が覗ける最高のエッセイ集… 物事の見方や捉え方、そこからどう考えるか等、著者のファンであれば涎の出る星ワールドの源泉がどの話からも読み取れる。特に2章の仕事場はこの先も大事にしたい思考の 星新一の頭の中が覗ける最高のエッセイ集… 物事の見方や捉え方、そこからどう考えるか等、著者のファンであれば涎の出る星ワールドの源泉がどの話からも読み取れる。特に2章の仕事場はこの先も大事にしたい思考の塊。 …続きを読む
    おはち
    2019年03月16日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品