角川文庫

迷走人事

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041643211
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

迷走人事

  • 著者 高杉 良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041643211

華やかな業界に潜む情実人事の罪!

大手アパレルメーカー広報主任の麻希は、ワンマンで鳴らす創業社長の健康不安を耳にする。後継者は、息子の専務か、片腕と言われる副社長か。働く女性の視点から、会社、業界の問題点を浮き彫りにした力作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「迷走人事」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昭和の良き時代の作品 高杉さんの作品は2000年を前後にかなりハマりましたが、女性が主人公の作品はあまり記憶がない。 この作品、人事関係にあまり面白みがなかった。 金融腐蝕列島シリーズの竹中班長とえく 昭和の良き時代の作品 高杉さんの作品は2000年を前後にかなりハマりましたが、女性が主人公の作品はあまり記憶がない。 この作品、人事関係にあまり面白みがなかった。 金融腐蝕列島シリーズの竹中班長とえくぼの可愛い清水麻紀さんが結婚して竹中麻紀さんになったわけじゃないだろが、ちょっと頭が混乱。 秋山君、おめでとう。 …続きを読む
    4丁目の父ちゃん
    2019年01月20日
    13人がナイス!しています
  • ★★★★★ケータイはあるけどメールはない、女性が管理職になるのも難しい。そんな時代のストーリ。現実主義っぽい竹中麻希の男性に対する気持ちと会社に対する気持ちの揺れ方が絶妙で個人的に共感が持てた。 ★★★★★ケータイはあるけどメールはない、女性が管理職になるのも難しい。そんな時代のストーリ。現実主義っぽい竹中麻希の男性に対する気持ちと会社に対する気持ちの揺れ方が絶妙で個人的に共感が持てた。
    こみち
    2016年08月22日
    4人がナイス!しています
  • ★主人公の、バリバリ働いている感も恋愛の心情もどちらも押しがもう一歩強ければ、もう少し引き込まれていたかも。 ★主人公の、バリバリ働いている感も恋愛の心情もどちらも押しがもう一歩強ければ、もう少し引き込まれていたかも。
    みこ
    2015年01月11日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品