雨にも負けず 小説ITベンチャー

経済小説の第一人者が描く、日本ベンチャーの挑戦!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月13日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041078723
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

雨にも負けず 小説ITベンチャー

経済小説の第一人者が描く、日本ベンチャーの挑戦!

  • 著者 高杉 良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月13日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041078723

経済小説の第一人者が描く、日本ベンチャーの挑戦!

社員8人のベンチャー企業。だが、世界に通用する技術と情熱があった――。
「電子宅配便」を日本にもたらしたイーパーセル株式会社の社長、北野譲治の手腕を描く!

岡山に生まれ早稲田大学へと進学した北野譲治は、契約社員として損保会社に就職した。明るい性格で仕事熱心な譲治は、歩合制のこの仕事で優秀な成績を収める。独立した譲治に、「イーパーセル」という電子宅配便を扱う会社の社長から、ぜひ働いてほしいとの依頼が来た。新しいことに挑戦したい譲治は、この依頼を引き受けるが、会社の経営は困難を極めていて――。Googleに勝利し世界に名を馳せたイーパーセル株式会社。熱血社長・北野譲治の驚くべき手腕とは?
『辞令』『最強の経営者』の著者が描く、サラリーマンへの応援歌。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「雨にも負けず 小説ITベンチャー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 著者の経済小説を読むのも久し振りだが、最近の人物を題材としているのは珍しいのでは。大東京火災で保険の契約社員として働いてたという主人公、北野譲治。私も少し遅れて損害保険の仕事に携わっていたが、後に銀行 著者の経済小説を読むのも久し振りだが、最近の人物を題材としているのは珍しいのでは。大東京火災で保険の契約社員として働いてたという主人公、北野譲治。私も少し遅れて損害保険の仕事に携わっていたが、後に銀行融資を絡めた積立傷害保険の販売を考え出した人がいる、と聞いた事があったが、北野さんの事だったのか! ITベンチャー企業への転身、その後の苦労は想像を絶するもの。しかしながら会社の危機を立て直し、故郷に錦を飾るまでに!周りの人にも助けられ、そして周りに良い人脈を築き上げる北野ならではの行動、人間性、素晴らしい。 …続きを読む
    薦渕雅春
    2019年05月03日
    32人がナイス!しています
  • 本作品に接すると、今の働き方改革っていったい何なんだという素朴な疑問が。確かに8人のベンチャー企業だからこそ、ともいえるんでしょうか。でも一歩間違えれば、北野譲治氏だって鬱という世界に沈んでしまったの 本作品に接すると、今の働き方改革っていったい何なんだという素朴な疑問が。確かに8人のベンチャー企業だからこそ、ともいえるんでしょうか。でも一歩間違えれば、北野譲治氏だって鬱という世界に沈んでしまったのかも。まあ若い一般社員が存在しなかったことが幸いとも。とは言え、自身ちょっと不完全燃焼のまま読了のイメージが強すぎて。人間模様が余りにも表層的過ぎませんか。今までの著者作品からすると物足りなさばかりが。Googleに勝った男といいながら訴訟の詳細、財津CEOとの確執、私的流用への対応等々もう一つの突っ込みが。 …続きを読む
    Yunemo
    2019年05月02日
    30人がナイス!しています
  • 日本ITベンチャー・イーパーセル。自社の特許を侵害しているとして、海外のガリバー企業群への訴訟→和解金とライセンス契約、金銭よりもベンチャーなのに技術力Sugeeee! と一気に名を売る。そこに至るま 日本ITベンチャー・イーパーセル。自社の特許を侵害しているとして、海外のガリバー企業群への訴訟→和解金とライセンス契約、金銭よりもベンチャーなのに技術力Sugeeee! と一気に名を売る。そこに至るまでに、社長である北野譲治さんの苦労たるや…。実在する会社と社長を描く経済小説。 / 北野さんは有名大学を出てすぐに損保会社の「契約社員」に。頭角を現して正社員の年収が月収という歩合給の強み、ノウハウを吸収後に独立起業した所に、イーパーセルからのスカウト。最初は便利な営業兵隊扱いから、いかにして社長になったのか …続きを読む
    はじめさん
    2019年05月16日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

高杉 良(たかすぎ りょう)

1939年東京都生まれ。75年『虚構の城』でデビュー。
緻密な取材に基づいた企業・経済小説を多数発表。とくに組織と人間とをテーマに、実在の企業、経営者を描いた作品に定評がある。

この著者の商品

最近チェックした商品