角川文庫

小説 創業社長死す

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041054819
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

小説 創業社長死す

  • 著者 高杉 良
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041054819

カリスマ社長を喪った会社の運命は?

東邦食品工業の創業者で相談役の小林貢太郎が急死した。絶大な権力とカリスマ性で会社を掌握していた小林の死に、社内は大きく揺れ動く。大株主でもある未亡人・晶子の支持を得た社長の筒井は、周囲を蹴落としワンマン体制を築きあげていくのだが……。大手食品メーカーの創業経営者の突然の死と後継者争いを描き、今日、多くの企業が直面する経営承継問題の本質に鋭く切り込んだ、著者渾身のビジネス小説!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「小説 創業社長死す」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いいところでいきなり終了。なんだか尻切れトンボ感が… 1代で会社を創業とか、愛人とか本妻とか、なんか昭和っぽいなーって思いました。 いいところでいきなり終了。なんだか尻切れトンボ感が… 1代で会社を創業とか、愛人とか本妻とか、なんか昭和っぽいなーって思いました。
    しあん
    2019年02月16日
    15人がナイス!しています
  • ミスチョイス。高杉良さんの名作と言われる作品を読めば良かったかな。何を手に取るかは出会いに似てその後の付き合いに反映する。 ミスチョイス。高杉良さんの名作と言われる作品を読めば良かったかな。何を手に取るかは出会いに似てその後の付き合いに反映する。
    あつし@
    2017年12月01日
    10人がナイス!しています
  • 創業社長が亡くなった後の、会社のゴタゴタを描く。自分の意のままに動く人間を後継に据えたい気持ちが、その後の会社を過つ切っ掛けになる。後継者を育てて、地位を譲り、譲った後に自らの影響力を如何に減らすこと 創業社長が亡くなった後の、会社のゴタゴタを描く。自分の意のままに動く人間を後継に据えたい気持ちが、その後の会社を過つ切っ掛けになる。後継者を育てて、地位を譲り、譲った後に自らの影響力を如何に減らすことの難しさを感じる。それと、会長・社長の狭間に置かれた総務は大変だなーと。社長退任者が会社に残ると、どの会社もやっぱりやりにくくなるんだなと、自分が勤務している会社と比べて痛感(もちろん、残ることでプラスになることもあるんだろうけど)。 …続きを読む
    siru
    2017年07月15日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品