試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041713365

下天は夢か 二

  • 著者 津本 陽
  • イラスト 村上 豊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041713365

史料を駆使し、独自の史観で全く新しい信長像を創出した、津本文学の傑作!

美濃攻略に成功した信長だったが、愛妾・吉野が世を去った。岐阜に居を移し、諸政策を実行に移すと「天下布武」を鮮明にする。木下藤吉郎が頭角を現す中、足利義昭への援助を求め信長を訪ねたのが、明智光秀だった。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「下天は夢か 二」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 美濃を平定し、京までの道を斬り開き、上洛を果たす信長。将軍を掌中にしての生殺予奪の自在は、御託の上の神仏を超た第六天魔王として振る舞う。その傲岸が、浅井の心理を読み切れず死地に足を踏み入れ、裏切りへの 美濃を平定し、京までの道を斬り開き、上洛を果たす信長。将軍を掌中にしての生殺予奪の自在は、御託の上の神仏を超た第六天魔王として振る舞う。その傲岸が、浅井の心理を読み切れず死地に足を踏み入れ、裏切りへの怨みは姉川の激戦の因となる。戦術、関所、建築、流通、権力機構のリストラ…支配地に威令を布き、信長によって中世が解体されて行く。 …続きを読む
    姉勤
    2014年08月15日
    13人がナイス!しています
  • 墨俣築城~姉川合戦まで。大体の歴史小説でもこの作品でも、初期に比べて段々と信長の心理描写は少なくなりつつある。木下藤吉郎の活躍が頻繁に書かれると、それはそれで新聞小説としては盛り上がるが(笑)「信長の 墨俣築城~姉川合戦まで。大体の歴史小説でもこの作品でも、初期に比べて段々と信長の心理描写は少なくなりつつある。木下藤吉郎の活躍が頻繁に書かれると、それはそれで新聞小説としては盛り上がるが(笑)「信長のお話」ではなくなってくるんだよなぁ。生駒御前の死は、信長の世界をいきなり虚しくしてしまったのだなぁと感じるが、自分を神とか考え始める彼は、桶狭間の彼より遥かに弱い。2017-5 …続きを読む
    ぺぱごじら
    2017年01月08日
    12人がナイス!しています
  • 2巻はお市を浅井に嫁がせ美濃攻略への備えを強めていくところから始まる。秀吉による洲俣築塁、明智光秀を配下につけ上洛をはたす、ルイス・フロイスとの邂逅など読みどころは多いがやはり金ヶ崎の退陣の場面が一番 2巻はお市を浅井に嫁がせ美濃攻略への備えを強めていくところから始まる。秀吉による洲俣築塁、明智光秀を配下につけ上洛をはたす、ルイス・フロイスとの邂逅など読みどころは多いがやはり金ヶ崎の退陣の場面が一番読み応えがあった。2巻までの印象だが、最初そのお国ことばでずいぶん癖があるように思われたのだがエピソードにしても、登場人物の性格にしてもわりとスタンダードな感じがする。信長の性格もあまりとがっていないし。人物の魅力を楽しむというよりはどちらかというと戦の場面の臨場感のほうが面白いかもしれない。 …続きを読む
    rei
    2012年10月13日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品